演劇

横浜夢座第9回公演

ジャンジャン花月園

あの日、握りしめていた夢のコト…

横浜夢座

ランドマークホール(神奈川県)

2010/11/27 (土) ~ 2010/12/02 (木) 公演終了

上演時間:

あのとき、多くの人々の夢が7万坪の大遊園地を創り上げた。

大正~昭和のはじめにかけて、東洋一の大遊園地をつくり
育てようとして挑み、実現させてゆく人々の笑いと涙と情熱。
今失われつつある心の底からあったかくなる、
人々の心のつながりときずなを描く。

大正4年から昭和の初期に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/27 (土) ~ 2010/12/02 (木)
劇場 ランドマークホール
出演 五大路子、小宮孝泰、重田千穂子、まいど豊、松井工、加瀬愼一、築出静夫、大和田悠太、高橋和久、星野園美、福田麻恵、由愛典子、W.Dream、園田容子(accordion)
脚本 中島淳彦
演出 遠藤吉博
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,500円
【発売日】
一般前売り5,000円、当日5,500円
学生前売り3,000円、当日3,500円
サイト

http://www.yokohamayumeza.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あのとき、多くの人々の夢が7万坪の大遊園地を創り上げた。

大正~昭和のはじめにかけて、東洋一の大遊園地をつくり
育てようとして挑み、実現させてゆく人々の笑いと涙と情熱。
今失われつつある心の底からあったかくなる、
人々の心のつながりときずなを描く。

大正4年から昭和の初期にかけてディズニーランドのような大遊園地がありました。
観覧車、飛行船塔、豆汽車、メリーゴーランド、ケーブルカー、50mのすべり台
「大山すべり」等。

花月園は新橋の料亭「花月楼」亭主・平岡廣高が、パリの児童遊園地を手本に、
「絶対日本にも子どもたちに夢を与える公園をつくろう!」と、一念発起。
私財を投じた夢の発露として建設された。
この夢に懸ける多くの人たちが集まり、邁進していく人々の心の絆。
さらに園内には、日本初のダンスホールが誕生し、帝国ホテルでも演奏をしていた
「ハタノオーケストラ」が生演奏をしていました。
花月園少女歌劇団も結成され、文化発祥の地ともなった。

谷崎潤一郎、前田青邸、久米正雄、与謝野晶子、市川猿之助、小山内薫、淡谷のり子、
美空ひばり・・・
文人、歌人、役者等たくさんの人々がここに魅せられ訪れた。
その他注意事項
スタッフ 美術:加藤ちか/照明:高山晴彦/音響:小原木克郎/衣装:大井崇嗣/振付:伊藤大輔・WAKAKO/舞台監督:本田和男/演出助手:高橋圭/資料提供:斉藤美枝/宣伝美術:穂積由紀夫/タイトル文字:末廣博子/プロデューサー:青山昭

[情報提供] 2010/10/30 22:59 by ゆめ

[最終更新] 2010/10/30 23:16 by ゆめ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大