アンスティチュ・フランセ東京

シアターX(カイ)(東京都)

2010/12/10 (金) ~ 2010/12/12 (日) 公演終了

上演時間:

本公演は、1982年のセビリアで行なわれたW杯準決勝、フランス対西ドイツ戦から着想を得た作品です。
「キーパーのシューマッハに攻撃されて意識不明に陥ったバティストンと共に、フランスの全ての希望は消えてしいました…「『ロス・タイム』という作品は、フランス人が共有する記憶、そして個人的な思い出、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/12/10 (金) ~ 2010/12/12 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演 トルシェ監督、ピエール・リガールカンパニー、勅使川原三郎
演出 ピエール・リガル(カンパニー・デルニエール・ミニュート)
振付 ピエール・リガル(カンパニー・デルニエール・ミニュート)
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
前売・学生:2,000円
当日:3,000円
東京日仏学院会員:2,000円

予約・お問い合わせ : 03-5206-2500
サイト

http://www.theaterx.jp/10/101210-101212t.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 本公演は、1982年のセビリアで行なわれたW杯準決勝、フランス対西ドイツ戦から着想を得た作品です。
「キーパーのシューマッハに攻撃されて意識不明に陥ったバティストンと共に、フランスの全ての希望は消えてしいました…「『ロス・タイム』という作品は、フランス人が共有する記憶、そして個人的な思い出、子供時代のエピソードを表現しているのです。」と、ピエール・リガルは語ります。

アスリートの動きによる表現から着想を得たこの作品は、照明と視覚効果を巧みに使い、白熱したゲームからため息の瞬間への移り変わり、また子供から大人へと成長していく様をダンサーたちが表現します。

ダンスとサッカーが融合されたスペクタクル。初日の12月10日(金)には、フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表チーム監督)と振付家の勅使川原三郎のトークショーがあり、11日(土)、12日(日)は、1982年のフランス対ドイツ戦の試合の抜粋映像を上映し、フィリップ・トルシエが試合解説をします。
その他注意事項 12月10日(金)にはフィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表チーム監督)と振付家の勅使川原三郎のトークショーがあり。

12月11日(土)、12日(日)にはフィリップ・トルシエが試合解説をします。
スタッフ

[情報提供] 2010/10/28 10:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/11/18 10:38 by 東京日仏学院

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大