平常

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2011/03/25 (金) ~ 2011/03/27 (日) 公演終了

上演時間:


【重要なお知らせ】 神奈川県民ホール及び神奈川芸術劇場主催3月公演等の中止のお知らせ
2011.03.15
http://www.kaat.jp/news/2011/03/post-58.html

チケットの払い戻しについては、3月18日(金)午前10時にホームページ等でご案内い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/25 (金) ~ 2011/03/27 (日)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演
脚本 平常
演出 平常
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
全席指定3,500円
※U24、高校生以下学生、シルバーチケット別途あり
サイト

http://www.kaat.jp/pf/orin.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
【重要なお知らせ】 神奈川県民ホール及び神奈川芸術劇場主催3月公演等の中止のお知らせ
2011.03.15
http://www.kaat.jp/news/2011/03/post-58.html

チケットの払い戻しについては、3月18日(金)午前10時にホームページ等でご案内いたします。
神奈川県民ホール公演 http://www.kanagawa-kenminhall.com/
神奈川芸術劇場公演  http://www.kaat.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いままで観たことがない衝撃的な人形劇

12歳で人形劇界にデビュー以来、人形操演、美術、構成、演出にいたるまで全てをひとりで行い、人形劇界における数々の賞を受賞、急成長を遂げる人形劇アーティスト“たいらじょう”による新作を創作します。
これまで、寺山修司原作『毛皮のマリー』や泉鏡花原作『天守物語』など、原作者と真摯に向きあい原作に忠実に舞台化しながら、人形劇でしかできない表現を創り上げた作品の数々は高い評価を得ています。今回は、北陸の四季を背景に、盲目の女旅芸人と脱走兵の男との愛を描いた水上文学の名作に挑戦、人形とたいらじょう自らによる演技を織り交ぜて進行する情感のこもった人形劇の新たな地平を切り開きます。

はなれ瞽女おりん

おりんは若狭の貧村に生まれ、3歳で全盲になったため、6歳の時から三味線などの芸事を仕込まれ、瞽女(ごぜ)として生きて行くさだめを背負うことになった。(瞽女とは、盲目の女性たちが一座を組み、門付けなどをしながら地方を廻る旅芸人のこと。)
おりんはある村の祭りの夜、若い衆に手込めにされたことで、座の掟破りとして追い出され、「はなれ瞽女」として一人旅を強いられることになった。「はなれ瞽女」は、仲間の戒律を破ったため一座からはずされ、一人で三味線をかついで門付けをしながら孤独な旅を余儀なくされる女旅芸人である。
時は大正中期、第一次大戦が終わり、不況が世界をおおった時代、シベリア出兵そして米騒動と、その余燼がくすぶっていた頃、門付けしながら生きて行くことは、 つらく哀れなことだった。しかし、おりんには涙をはらう明るさがあった。
おりんは、とある阿弥陀堂で、村の男に襲われたがそれを助けてくれたのが 岩淵平太郎であった。下駄職人を装い行商して歩く平太郎は、実はシベリア出兵を拒否した脱走兵、捕らわれれば死刑という身の男だったのだ。それとは知らぬ彼女は 平太郎を兄のように慕って一緒に旅をつづけるのだが――。
盲目の旅芸人・おりんと、警察や憲兵隊に追われる男・平太郎との愛を、北陸の美しい原風景の中に描く悲劇。

スタッフ・キャスト

その他注意事項
スタッフ 原作/水上勉
脚本・演出・美術・作曲・人形操演/平常(たいら・じょう)

[情報提供] 2010/10/23 11:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/03/15 16:48 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大