舞踊・バレエ

祥子-SHOKO LIVE perform

海にかえされる子どもたちの歌

ANGELITO

デザイン:オータ・ナオ

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

祥子-SHOKO LIVE perform

ANGELITO

海にかえされる子どもたちの歌

PHILIA project

イワト劇場(東京都)

2010/11/12 (金) ~ 2010/11/14 (日) 公演終了

上演時間:

子どもたちの血は とまらない
女たちの歌は 終わらない
なりやまない傷の声は 悲しみの海への旅
  *
加害者が 被害者になるとき
被害者が 加害者になるとき
それでも 加害の現場で起こることは 同じ
被害者も 同じ 女たち 子どもたち
絶望しか訪れない行為を なぜ人間はくりか...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/12 (金) ~ 2010/11/14 (日)
劇場 イワト劇場
出演 祥子-SHOKO
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,300円
【発売日】
前売 3,000円 当日 3,300円
サイト

http://www008.upp.so-net.ne.jp/shoko-hp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 子どもたちの血は とまらない
女たちの歌は 終わらない
なりやまない傷の声は 悲しみの海への旅
  *
加害者が 被害者になるとき
被害者が 加害者になるとき
それでも 加害の現場で起こることは 同じ
被害者も 同じ 女たち 子どもたち
絶望しか訪れない行為を なぜ人間はくりかえすのか

1946年3月25日
引き揚げ港 博多に ひとつの非合法の保養所が開設される
そこは 死にさらされた極限の旅の果てに 女たちが立ち寄るところ
そこで 望まれなかった嬰児たちは 姿を消す
ひと言も 声を発することなく
絶望すら 知ることなく
その他注意事項 ※14日[日]公演後アフタートーク ゲスト:班忠義(映画監督)
スタッフ 設計:二瓶龍彦
衣装:TENKO 
映像協力:並木浩士
舞台監督:田中克季
フライヤーデザイン:オータ・ナオ
フライヤー写真:二瓶龍彦
パンフレット制作:オータ・ナオ+二瓶龍彦
[インタヴュー/班忠義(映画監督) パンフレット所収]
制作 PHILIA project

[情報提供] 2010/10/22 01:36 by NAO

[最終更新] 2010/10/22 01:38 by NAO

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大