演劇

劇団であい舎 第30回記念公演

『文七元結』

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団であい舎 第30回記念公演

『文七元結』

長野県松本市 劇団『であい舎』

芳川公民館(長野県)

2010/11/04 (木) ~ 2010/11/06 (土) 公演終了

上演時間:

●あらすじ:
貧乏長屋に住み左官屋長兵衛は、仕事の腕はいいのだが、博打が好きで五十両近くの借金を抱えてしまう。年も押しせまり、この年をどうやって越そうかと困っていると、長兵衛の一人娘お久が吉原の女郎屋佐野槌に身を売ってお金をそろえようとする。それを見かねた佐野槌の女将は、「博打をきっぱり縁を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/04 (木) ~ 2010/11/06 (土)
劇場 芳川公民館
出演
脚本
演出 杉本彰
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,200円
【発売日】2010/10/21
入場料:◆一般:当日\1200-(前売り\1000-)◆小・中学生:当日\600-(前売り\500-)
サイト

http://deaisha.blog104.fc2.com/blog-entry-4.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ●あらすじ:
貧乏長屋に住み左官屋長兵衛は、仕事の腕はいいのだが、博打が好きで五十両近くの借金を抱えてしまう。年も押しせまり、この年をどうやって越そうかと困っていると、長兵衛の一人娘お久が吉原の女郎屋佐野槌に身を売ってお金をそろえようとする。それを見かねた佐野槌の女将は、「博打をきっぱり縁を切り、来年の大晦日までに返してくれるなら、娘は店へも出さずにそのまま返してくれる」と長兵衛に五十両の金を貸してやる。

五十両の金を懐に入れて、吉原を振り返り振り返りやってきたのが吾妻橋。そこで長兵衛は、掛売金五十両をスリに取られてしまいご主人に申し訳のために身を投げて死のうとしている若者文七に出くわす・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/10/21 22:34 by 守鷹シロ

[最終更新] 2010/10/21 22:36 by 守鷹シロ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大