オペラ

メトロポリタン・オペラ 2011

ラ・ボエーム

朝日新聞社

NHKホール(東京都)

他劇場あり:

2011/06/08 (水) ~ 2011/06/19 (日) 公演終了

休演日:参照 http://www.japanarts.co.jp/MET2011/ticket.htm

上演時間:

1830年頃、パリのラテン区。クリスマス・イブ、画家マルチェッロと詩人ロドルフォは屋根裏部屋に集まり、 そこに哲学者コッリーネが加わる。音楽家ショナールも食料を持ってやってくる。

友人たちが出かける中、ロドルフォはひとり仕事のため残ると、そこにろうそくに火を求めるため現れたミミと出会う...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/08 (水) ~ 2011/06/19 (日)
劇場 NHKホール
出演 アンナ・ネトレプコ、スザンナ・フィリップス、ピョートル・ベチャワ、ジョセフ・カレーヤ、マリウシュ・クヴィエチェン、エドワード・パークス、ジョン・レリエ、ポール・プリシュカ、ほか
作曲 プッチーニ
演出 フランコ・ゼッフィレッリ
料金(1枚あたり) 16,000円 ~ 64,000円
【発売日】2010/10/31
S席-64000円 A席-57000円 
B席-49000円 C席-40000円
D席-32000円 E席-24000円 
F席-16000円
サイト

http://www.japanarts.co.jp/MET2011/ticket.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1830年頃、パリのラテン区。クリスマス・イブ、画家マルチェッロと詩人ロドルフォは屋根裏部屋に集まり、 そこに哲学者コッリーネが加わる。音楽家ショナールも食料を持ってやってくる。

友人たちが出かける中、ロドルフォはひとり仕事のため残ると、そこにろうそくに火を求めるため現れたミミと出会う。 二人はたちまち恋に落ちる。仲間がカフェ「モミュス」に集まる中、 ミミがロドルフォから贈られた帽子をかぶった出で立ちで現れ、仲間に紹介される。 そこにムゼッタが初老のパトロン、アルチンドロと現れるが、昔の恋人であるマルチェッロを見ると、彼とともに去る。

何週間か後、ロドルフォといさかいをしたミミはマルチェッロに助言を求めるが、 ロドルフォがもう彼女とは一緒に生きていけないと語るのを聞く。彼もまた彼女が結核であることを知り、死を予感していた。 2人は春になったら別れることで同意。屋根裏部屋に戻って、ロドルフォとマルチェッロは自分たちが捨てた女性を思う。

コッリーネとショナールが入ってくるとそこにムゼッタがやってきて、ミミがパトロンを失い重体だと告げる。 ミミは自分の残された時間をロドルフォと過ごしたいと願っていた。瀕死のミミが連れてこられロドルフォと抱き合うが、 すぐに息絶える。彼女の亡骸に取りすがるロドルフォが残される。
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 指揮:ジェイムズ・レヴァイン
演出・装置:フランコ・ゼッフィレッリ
衣裳:ピーター・J・ホール
照明:ジル・ウェクスラー

[情報提供] 2010/10/18 23:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/10/19 00:09 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大