演劇

ミシマダブル 三島×MISHIMAvs蜷川

「サド侯爵夫人」/「わが友ヒットラー」

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2011/02/02 (水) ~ 2011/03/02 (水) 公演終了

休演日:2/7,14,21,28

上演時間:

2011年2月シアターコクーンでは、時代を越えて光芒を放つ世界的作家・三島由紀夫の代表作二作を、当劇場芸術監督・蜷川幸雄の演出で同時上演することが決定!

18世紀のフランス、悪徳の限りを尽くすサド侯爵を六名の女性に語らせ、人間にひそむ謎と闇を描いた「サド侯爵夫人」
20世紀のドイツ、ナ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/02 (水) ~ 2011/03/02 (水)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 東山紀之、生田斗真、木場勝己、大石継太、岡田正、平幹二朗
脚本 三島由紀夫
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 11,000円
【発売日】2010/11/27
S¥11,000 A¥9,000 コクーンシート¥6,000(税込)
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/shosai_11_mishima.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2011年2月シアターコクーンでは、時代を越えて光芒を放つ世界的作家・三島由紀夫の代表作二作を、当劇場芸術監督・蜷川幸雄の演出で同時上演することが決定!

18世紀のフランス、悪徳の限りを尽くすサド侯爵を六名の女性に語らせ、人間にひそむ謎と闇を描いた「サド侯爵夫人」
20世紀のドイツ、ナチ党が行った粛清事件・レーム事件を緻密に描き、男性四名の論戦を通じ権力と狂気の構造が浮き上がる「わが友ヒットラー」

そして今回この二作品に挑むのは華と実力を併せ持つ男優たち―!
『サド侯爵夫人』はオール男性キャストで演じられ、三島戯曲の退廃の魅力が露わとなる。夫であるサド侯爵の退廃に満ちた姿を“貞淑”と“愛”を武器に庇いつづけるルネに東山紀之。ルネの母親であり“道徳”をもって娘と激しく対立を続けるモントルイユ夫人に平幹二朗。ルネの妹で“無邪気さと無節操”でサド侯爵と行動を共にするアンヌに生田斗真。
『わが友ヒットラー』では、反ユダヤ主義を掲げ、独裁者の代名詞ともなったアドルフ・ヒットラーに生田斗真。レーム事件の悲劇の中心人物であり、誇り高い軍人である右派の突撃隊長、エルンスト・レームに東山紀之。複雑な心情を持ちながら事件の顛末を見届ける武器商人、ダスタフ・クルップに平幹二朗。
今回は両作品を交互に上演。
耽美かつレトリックな三島の世界で、男優たちが〝女性〟と〝男性〟を演じ分けるのも本企画の大きな見所のひとつであり、二作品を見比べる醍醐味が感じられる。昼公演・夜公演と連続で上演する通し公演も予定されている。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/10/06 01:41 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/10/16 00:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大