舞踊・バレエ

あうるすぽっとチェーホフフェスティバル2010

矢内原美邦ダンス公演「桜の園~いちご新聞から~」

あうるすぽっと

あうるすぽっと(東京都)

2010/12/10 (金) ~ 2010/12/12 (日) 公演終了

上演時間:

■コンセプト

―― 矢内原美邦が、チェーホフの名作戯曲『桜の園』を<ダンス>作品として現代に蘇らせる。
演劇では表現できなかった、誰もみたことがないチェーホフ。
2010年、今まさに時代の転換期。人々は何を考え、どう生きるのか。
イメージの重なりから浮かび上がる、『桜の園』の世界。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/12/10 (金) ~ 2010/12/12 (日)
劇場 あうるすぽっと
出演 稲継美保、小山衣美、衣川明奈、酒井和哉、坂本沙織、遠江愛、福島彩子、三科喜代、望月美里、山下彩子
演出 矢内原美邦
振付 矢内原美邦
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】2010/10/13
前売3800円/当日4500円
学生・としま未来の会3000円
豊島区民3500円
サイト

http://www.owlspot.jp/info/100421_detail.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ■コンセプト

―― 矢内原美邦が、チェーホフの名作戯曲『桜の園』を<ダンス>作品として現代に蘇らせる。
演劇では表現できなかった、誰もみたことがないチェーホフ。
2010年、今まさに時代の転換期。人々は何を考え、どう生きるのか。
イメージの重なりから浮かび上がる、『桜の園』の世界。
100年前も今も変わらない、人間の本質がそこにある。 ――

パフォーミングアーツカンパニー「ニブロール」主宰であり、
演劇プロジェクト「ミクニヤナイハラプロジェクト」ではその作品が岸田國士戯曲賞最終候補作品となるほど、振付家・劇作家・演出家としてダンス界のみならず演劇界・アート界からも注目を集める矢内原美邦とともに「チェーホフの『桜の園』をダンス作品にする」という斬新なアイデアを舞台化する試みです。

ダンスなのか?演劇なのか?コンテンポラリーなのか?古典なのか?
矢内原が未だかつてない『桜の園』を創りだします。

また、矢内原の目指す世界観をともに表現すべく、
10名の出演者に加え、注目のアーティスト
「スズキタカユキ(衣装)」、「阿部海太郎(音楽)」、「高橋啓祐(映像)」が参加。
新進アーティストたちのコラボレーションにどうぞご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ ○原作:アントン・チェーホフ
○振付・演出:矢内原美邦
○映像:高橋啓祐
○音楽:阿部海太郎
○衣装:スズキタカユキ

●舞台監督:鈴木康郎
●照明:森規幸(baloance,inc.DESAIG)
●音響:牛川紀政
●宣伝美術:吉田ユニ
●宣伝写真:佐藤暢隆
●広報宣伝:小沼知子(あうるすぽっと)
●プロデューサー:崎山敦彦(あうるすぽっと)

[情報提供] 2010/10/02 08:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/12/10 16:43 by nacomurasan

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ミッシー

ミッシー(5)

ダンスは苦しいけど、楽しいです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大