演劇

劇団「匂組」 旗揚げ公演

第21回テアトロ新人戯曲賞ノミネート作品

花と爆弾

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団「匂組」 旗揚げ公演

花と爆弾

第21回テアトロ新人戯曲賞ノミネート作品

劇団「匂組」

千本桜ホール(東京都)

2010/09/30 (木) ~ 2010/10/03 (日) 公演終了

上演時間:

明治天皇暗殺未遂。 
 のちに大逆事件と呼ばれたこの事件は、かかわりを持たなかった社会主義者、無政府主義者たちも次々に捕まり、秘密のうちに裁判は行われ、処刑されていきました。このとき、幸徳秋水は「百年後、誰か私に代わって言うかも知れぬ」と書き残しました。
 明治の終わり、真の日本の平和と平...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/30 (木) ~ 2010/10/03 (日)
劇場 千本桜ホール
出演 小長谷勝彦(現代制作舎)、瀬戸正博(劇団舞台クラス)、本多巧(劇団appleApple)、有吉朝子(劇団劇作家)、岡由里子、吉田まほ子
脚本 大森匂子(劇団劇作家)
演出 福正大輔(劇団ドロブラ)
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,800円
【発売日】
全自由席
 前売・当日 2,800円
 学生割引 2,500円(含・演劇関係養成所生)
 着物割引 2,300円(お着物でご来場いただける方)

サイト

http://www.bal-07.jp/wa-gumi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治天皇暗殺未遂。 
 のちに大逆事件と呼ばれたこの事件は、かかわりを持たなかった社会主義者、無政府主義者たちも次々に捕まり、秘密のうちに裁判は行われ、処刑されていきました。このとき、幸徳秋水は「百年後、誰か私に代わって言うかも知れぬ」と書き残しました。
 明治の終わり、真の日本の平和と平等を夢見て立ち上がった人々の恋と革命のお話を、百年後の今、千本桜ホールより皆様にお届けいたします。
その他注意事項
スタッフ 美術・衣装 トクマスヒロミ
照明 松本雅文(ライトスタッフ)
音響 中西梢
舞台監督 伊藤清一
宣伝美術 阿原乃里子

[情報提供] 2010/09/29 12:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/10/04 18:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大