演劇

Pカンパニー

西池袋・スタジオP(東京都)

2010/11/17 (水) ~ 2010/11/28 (日) 公演終了

上演時間:

Aプログラム
『《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会』
作:別役実  演出:小笠原響
故・岸田今日子さんの「親と子が一緒に観て、それぞれに楽しめる作品を」という依頼で、「円こどもステージ」に最初に書き下ろした作品。

森の中、テーブルといくつかの椅子。 ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/17 (水) ~ 2010/11/28 (日)
劇場 西池袋・スタジオP
出演 林次樹、横幕和美、菊池章友、一川靖司、茜部真弓、千葉綾乃、吉岡健二、木村愛子、木村万里、本田次布、宮川知久、原知佐子(フリー)、永井誠(劇団昴)、上杉陽一(演劇集団円)、須藤沙耶、長谷川敦央、内田龍磨
脚本 小笠原響、竹本穣作品、冨士川正美
演出 別役実
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 7,000円
【発売日】
前売り・当日共3800円 学生割引2800円
ABセット券7000円(前売りのみ)
サイト

http://homepage3.nifty.com/p-company/performance.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Aプログラム
『《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会』
作:別役実  演出:小笠原響
故・岸田今日子さんの「親と子が一緒に観て、それぞれに楽しめる作品を」という依頼で、「円こどもステージ」に最初に書き下ろした作品。

森の中、テーブルといくつかの椅子。 どうやら、お茶の会が開かれるらしい。
主催者である帽子屋さんとチシャ猫と三月兎は準備に大わらわ。そこに道に迷ったらしい男がやってくる。男は自分の行先もわからないまま、次から次へとやってくるアリス、通訳、侯爵夫人、眠りねずみ、市長、魔法使い・・・つまり、このお茶の会の招待客とともに、お茶の会に参加することになる。そのうち、男の行先は、どうやらこのお茶の会であるらしいことがわかってきた。そこで男は、自分は東の国からの使者であり、東の国の進んだ「文化」を伝えるためにやってきたと告げる。果たして「文化」は森に暮らす人々に伝わったのだろうか・・・。


Bプログラム
『どうしてそんなにのろいのか ~アリスのための変奏曲~』
作:竹本穣作品(新作書き下ろし)  演出:冨士川正美

とある老女の昔語りから生まれた、時限爆弾を背負ったカメはいったいどこへ行こうというのか・・・
ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』を下敷きにナンセンスとファンタジーで綴る奇想天外な創作劇。

サナトリウム裏の森のなかにやってくる老女と娘。ふたりの話を発端にルイス・キャロルの分身たちとアリスの交流が繰り広げられる。
夢の入れ子のように、いく層も重ねられた挿話、入れ替わる役によって、『不思議の国』の空間が創造される。おぼろげながら『卒塔婆小町』や『トムは真夜中の庭で』の主題も見据えて「時」のはかなさを描いた意欲作。

その他注意事項 ※A,B日替わり公演
※未就学児童入場不可。
スタッフ 照明・・・・・・・・石島奈津子(東京舞台照明)
音響・・・・・・・・木内拓(音映)
美術・・・・・・・・松岡泉
衣裳・・・・・・・・友好まり子
音楽・・・・・・・・上田亨(Aプロ) / 日高哲英(Bプロ)
舞台監督・・・・大島健司
宣伝美術・・・・松吉太郎
協力・・・・・・・・別役実 / 小山田昭
制作・・・・・・・・Pカンパニー

[情報提供] 2010/09/29 10:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/10 01:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大