茅野市民館

茅野市民館 (長野県)

2010/09/18 (土) ~ 2010/09/20 (月) 公演終了

上演時間:

 この作品は「まつもと市民芸術館」芸術監督である串田和美が2008年秋にスタート、今後2010年、2011年と参加する俳優やスタッフとともに回を重ねて創っていく信州発の演劇創造プロジェクトです。
18世紀ドイツ古典主義を築いたゲーテの詩劇で広く知られるファウストは、15世紀から16世紀にかけ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/18 (土) ~ 2010/09/20 (月)
劇場 茅野市民館
出演 田中利花、酒向芳、さとうこうじ、小西康久、内田紳一郎、藤田るみ、初音映莉子、玉井夕海、串田和美、VanessaPAHUD(ヴネッサ・パウ)、DianeDUGARD(ディアンヌ・デュガル)、ViolaFERRARIS(ヴィオラ・フェラリス)、HUOTHeang(ホトゥ・ヒング)、TintinORSONI(タンタン・オルソニ)、GuillaumeSAUZAY(ギヨム・ソザイ)、LaurentBARBOUX(ロラン・バルボ)、Rico(リコ)、ValentinBELLOT(ヴァロンタン・ベロ)、SOKSopheak(ソク・ソペック)、山内明美、金井圭介、近藤隼、佐藤卓、内藤栄一、細川貴司、佐藤友、丸山結加
脚本 鈴木哲也
演出 串田和美
料金(1枚あたり) 1,400円 ~ 3,500円
【発売日】
日時指定(全席自由) 
一般3,000円 学生1,500円(当日は各500円増) 
友の会会員 一般2,800円 学生1,400円 
サイト

http://www.chinoshiminkan.jp/ccc/2010/0918/index.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  この作品は「まつもと市民芸術館」芸術監督である串田和美が2008年秋にスタート、今後2010年、2011年と参加する俳優やスタッフとともに回を重ねて創っていく信州発の演劇創造プロジェクトです。
18世紀ドイツ古典主義を築いたゲーテの詩劇で広く知られるファウストは、15世紀から16世紀にかけてドイツに実在したと言われる予言者・魔術師で、自身の知識を限りなく拡大したいと熱望するあまり、魂を悪魔に売り渡すという契約をしてしまったとされる。ヨーロッパではゲーテの作品以前からファウストと言う人物に関する民衆伝承の物語が多く存在してきましたが、2008年の『ウル・ファウスト』(ウルとは元のという意味)プロジェクト第一弾では、そうした様々な内容で伝えられてきた物語を題材に、参加した俳優たちが台本づくりから始めました。
  そして2010年8月、元自由劇場の俳優、まつもと市民芸術館レジデントカンパニーの俳優とカンボジアおよびフランスからのサーカスパフォーマーによる、演劇と音楽とサーカス、ダンスの融合された串田ワールドを茅野市民館の劇場空間で1ヶ月。ワークショップから立ち上げる『FAUST 2010 in Chino』創造プロセスから共同で行う作品です。
その他注意事項
スタッフ 構成+演出+美術:串田和美 構成脚本:鈴木哲也 構成+学芸:酒寄進一+立山ひろみ
音楽:大熊ワタル+こぐれみわぞう 演出助手:田中麻衣子 舞台監督:小笠原幹夫
演出部:神野真理亜 サーカスコーディネーター:ジュロ、金井圭介

[情報提供] 2010/09/27 08:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/27 08:15 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大