演劇

あうるすぽっとチェーホフフェスティバル2010

機械じかけのピアノのための未完成の戯曲

劇団昴

あうるすぽっと(東京都)

2010/10/09 (土) ~ 2010/10/17 (日) 公演終了

上演時間:

二度と帰らぬ青春の日々。
振り返れば悲哀に満ち、あまりに滑稽なわが人生…。
慈雨をたたえたチェーホフの優しいまなざし。
ピアノの調べは夏の田園風景を静かに流れていく…。

ロシアの映画監督ミハルコフがチェーホフの長編小説『プラトーノフ』に
『わが人生』などの短編のモチーフを加え映画...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/09 (土) ~ 2010/10/17 (日)
劇場 あうるすぽっと
出演 加賀谷崇文、田村真紀、市川奈央子、熊谷めぐみ、あんどうさくら、新倉滉祐(劇団ひまわり)、西本裕行、一柳みる、鳥畑洋人、伊藤和晃、仲野裕、水野龍司、田島康成、中西陽介、田徳真尚、舘田裕之
脚本 ニキータ・ミハルコフ、アレクサンドル・アダバシアン
演出 菊池准
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 10,000円
【発売日】2010/09/02
全席指定
○一般 5,500円
○学生 5,800円
○ペアチケット 10,000円
○としま未来友の会 5,000円
○9日のみオープニングチケットデー:3,500円
※(あうるすぽっとチケットコール&としまみらいチケットセンターのみ前売取扱)
サイト

http://www.owlspot.jp/performance/101009.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 二度と帰らぬ青春の日々。
振り返れば悲哀に満ち、あまりに滑稽なわが人生…。
慈雨をたたえたチェーホフの優しいまなざし。
ピアノの調べは夏の田園風景を静かに流れていく…。

ロシアの映画監督ミハルコフがチェーホフの長編小説『プラトーノフ』に
『わが人生』などの短編のモチーフを加え映画化、
ミハエルコフはこの作品で世界的名声を手に入れた。
日本では1980年に公開され大きな話題を呼んだ。


ストーリー
19世紀末、ロシアの初夏の田園風景。将軍未亡人アンナの館に集う人々。
とりとめのない会話。戯れと倦怠の中を時はゆったり過ぎていく。
かつて愛し合った男と女の思わぬ再会。お互いを尊敬し、高き理想に燃え語り合った若き日々。
高邁な思想を抱いた男も今は一介の小学校教師。
あの時の2人はどこに行ってしまったのか。二度と帰らぬ遠い日々……。
その他注意事項 10日: 終演後、演出家・出演者を交えたポスト・ショー・トークあり
13日 : 終演後、舞台説明会あり
スタッフ

[情報提供] 2010/09/25 23:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/26 23:44 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大