舞踊・バレエ

KIKIKIKIKIKI

アトリエ劇研(京都府)

2010/09/18 (土) ~ 2010/09/18 (土) 公演終了

上演時間:

ある女の回想
ボーヴォワールが憧れの女性というわけではない、ただ彼女の眼差しは現実を静かに捉えている。回想録のページをめくるたびに私の中で云い様のなかったものが鮮烈に解明される。彼女の本を頼りに身体を見つめながら、ひとつのダンスを創れればと思います。
カニ女
「カニ女」とは、コンプレッ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/18 (土) ~ 2010/09/18 (土)
劇場 アトリエ劇研
出演 野渕杏子、花本ゆか
演出 野渕杏子、花本ゆか
振付 野渕杏子、花本ゆか
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,300円
【発売日】2010/08/01
前売2,000円/当日2,300円(日時指定・自由席)
サイト

http://www.kitamari.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ある女の回想
ボーヴォワールが憧れの女性というわけではない、ただ彼女の眼差しは現実を静かに捉えている。回想録のページをめくるたびに私の中で云い様のなかったものが鮮烈に解明される。彼女の本を頼りに身体を見つめながら、ひとつのダンスを創れればと思います。
カニ女
「カニ女」とは、コンプレックスを持った女のこと。
これらの要素は多かれ少なかれどんな女性にもある。それを自分と重ねる事で、自分自身を含め全てを笑い飛ばして前向きに進もうとなる様な作品です。
あなたの好きなところはどこですか?
はい、わたしの好きなところは…
この窮屈なお腹かな。

<本公演の企画説明>…KIKIKIKIKIKIKIというカンパニーも今年で7年目になる。その中で中心メンバーとして活躍してきた野渕杏子、花本ゆかの2人が満を期して今年はソロダンスに挑む。
京都西陣のインテリジェンスな家庭で生まれ、すくすくと骨太でカラダがでかく育った野渕杏子。
広島の肉屋の娘として生まれ、4才からバレエを続けながらも、決して細くはならない花本ゆか。
カラダの強度を持ちながらも、滑稽な見た目から、一見ダンサーとはみられない2人のカラダが、今回どのような手法を見つけ、人前でカラダをさらすだろうか。
できれば、声高々に笑ってやりたい。皆様とご一緒に 。

きたまり迷走の前座ダンスあり!
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:肥田奈帆美
照明:筆谷亮也(GEKKEN staff room)
音響:齋藤学
宣伝美術:増田美佳 飼鳥愛
制作:上田千尋

企画アシスタント:きたまり
主催:ダンスカンパニーKIKIKIKIKIKI

協賛:SHISEIDO
助成:セゾン文化財団
アトリエ劇研提携公演
京都芸術センター制作支援事業

[情報提供] 2010/09/18 20:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/03/22 12:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大