フェスティバル/トーキョー実行委員会

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2010/11/26 (金) ~ 2010/11/28 (日) 公演終了

上演時間:

革命歌がこだまする呉文光のドキュメンタリー映画『私の紅衛兵時代』が投射される蚊帳。文慧ら出演者が紐解く幼少期の記憶の断片を繋ぎ合わせるがごとく、舞台上に置かれた旧式ミシンがカタカタ音を立てる。現地ではいまだタブーとされる文化大革命時代を、中国インディペンデント・アートの先駆者が個の身体とモノロ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/26 (金) ~ 2010/11/28 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 フォン・ドゥーホア(馮徳華)、ウェン・ホイ(文慧)、ウー・ウェングアン(呉文光)※8時間ロングバージョンのみ
演出 ウェン・ホイ(文慧)
振付 ウェン・ホイ(文慧)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】2010/09/05
自由席 一般 前売 3,500円(ショート) 4,500円(ロング) (当日 +500円)、学生 3,000円、高校生以下
1,000円(ショート/ロング共通、前売・当日共通、要学生証提示)
※1時間 (ショートバージョン)(休憩なし)
8時間(ロングバージョン)(休憩なし)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/wenhui/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 革命歌がこだまする呉文光のドキュメンタリー映画『私の紅衛兵時代』が投射される蚊帳。文慧ら出演者が紐解く幼少期の記憶の断片を繋ぎ合わせるがごとく、舞台上に置かれた旧式ミシンがカタカタ音を立てる。現地ではいまだタブーとされる文化大革命時代を、中国インディペンデント・アートの先駆者が個の身体とモノローグ、映像証言でたどる、美しくも果敢なパフォーマンス。
その他注意事項
スタッフ ドラマトゥルグ/映像
ウー・ウェングアン
テキスト
フォン・ドゥーホア、ウー・ウェングアン、ウェン・ホイ
音楽
ウェン・ビン (文 賓)、ゾウ・シュエピン (鄒 雪平)
照明デザイン
エドヴィン・フォン・ステーンベルヘン
映像操作
ワン・ウェンリー(王 文立)
舞台監督
ジア・ナンナン (賈 楠楠)
写真
リッキー・ウォン
オデット・スコット
テキスト翻訳
樋口裕子(日本語)
製作
生活舞踏工作室Living Dance Studio
共同製作
Biennale de la Danse, Lyon, Centre National de la Danse
助成
Beijing Storm, Borneoco (Netherlands)
協力
ジェン・イー、ジェン・フーミン、ティエン・グービン(田戈兵)、リウ・ヘン、望月暢子(字幕翻訳)
東京公演スタッフ
技術監督
寅川英司+鴉屋
舞台監督
大友圭一郎
小道具
栗山佳代子
美術コーディネート
大津英輔+鴉屋
照明コーディネート
佐々木真喜子((株)ファクター)
音響コーディネート
相川晶(サウンドウイーズ)

[情報提供] 2010/09/18 09:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/18 09:35 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大