演劇

劇団キンダースペースレパートリーシアターVol.20

短編演劇アンソロジー織田作之助篇

演劇

劇団キンダースペースレパートリーシアターVol.20

「競馬」「勧善懲悪」

短編演劇アンソロジー織田作之助篇

劇団キンダースペース

北とぴあ つつじホール(東京都)

2007/07/20 (金) ~ 2007/07/22 (日) 公演終了

上演時間:

キンダースペースが上演する『モノドラマ』は、ひとりの役者が裸舞台に近い構成舞台で、わが国の近・現代小説を構築するものですが、『短篇演劇アンソロジー』はこの形をさらにすすめ、数人の俳優が様々に役を演じ、語り、一つの小説を舞台化するものです。
今回は 織田作之助 の短編小説をその舞台に選びました...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/20 (金) ~ 2007/07/22 (日)
劇場 北とぴあ つつじホール
出演 瀬田ひろ美、井上倫宏、花ヶ前浩一、白州本樹、蓬莱照子、牧口元美、平野雄一郎、小林元香、仲上満、畝本奈美、三枝竜、大桑茜、深町麻子
脚本 坂上朋彦、原田一樹
演出 原田一樹
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】2007/05/07
20日19時~ 21日14時・19時~ 22日14時~
■チケット/日時指定・自由席
前売券 3000円(当日券 3500円)
他、割引券あり。
※ 未就学児童のご入場はお断わり致します
TEL 048(252)0551(留守番電話も同様です)
FAX 048(255)4342
post@kinder-space.com

チケットぴあ 電話 0570-02-9988【Pコード 375-656】
サイト

http://www.kinder-space.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 キンダースペースが上演する『モノドラマ』は、ひとりの役者が裸舞台に近い構成舞台で、わが国の近・現代小説を構築するものですが、『短篇演劇アンソロジー』はこの形をさらにすすめ、数人の俳優が様々に役を演じ、語り、一つの小説を舞台化するものです。
今回は 織田作之助 の短編小説をその舞台に選びました。

「勧善懲悪」は、いわばこの作者一流の皮肉な題名で、詐欺まがいの販売法を考え出した商人たちの善と偽善、誠実さと欲望のドラマで、成功後、仲間によって書かれた暴露本をめぐって展開する物語は、そのまま現代のエリート達の金と名声をめぐる物語にも重なります。  
「競馬」は、いわばそういう人間の裏面の物語で、妻を失った男の喪失と虚無が描かれています。その寂寞のあり方は、われわれ日本人の独自の姿です。
織田作之助は、人間の生きて行くエネルギーと奥に抱えた虚無、双方を見つめていた作家であり、その中から日本人というものを描く稀有の才能を持っていました。
 そんな彼の小説の小劇場での舞台化は、これまであまり例を見ないものと思います。

 客演にお迎えするのは、いずれも舞台、テレビ、映画、また声優として活躍する皆さんです。
牧口元美さんはキンダーの「新・新ハムレット」でポローニアスと墓堀り両役を味わい深く演じていただきました。映画・TVでもご活躍の俳優さんです。
蓬莱照子さんは蜷川幸雄氏の舞台に数多く出演、声優としても活躍なさっています。
井上倫宏さんは演劇集団円の所属、舞台・TVの他に「チャングムの誓い」「ER緊急救命室」
などの吹き替えでも活躍しています。
花ヶ前浩一さんはキンダーの「フェアリーテールシアター」「奇妙な幕間狂言」にもご出演
頂いた味のある俳優さんで、CMでもお馴染みの方です。
白州本樹さんはキンダーの「えれくとら」に続き、「プラトーノフ」では主役のプラトーノ
フを演じ好評をいただきました。

豪華客演陣とスタッフの力をお借りし、劇団キンダースペースがお送りする
昭和の無頼派 おださく の世界。
我々「日本人の物語」を是非ご覧ください。

その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 美術 石原敬
 照明 森田三郎
 音響 浦崎貴(ワンダースリー)
 舞台監督 戸田司(ザ・サムシングエルス)

[情報提供] 2007/04/24 13:14 by けさく

[最終更新] 2007/07/23 19:45 by けさく

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大