演劇

第111回もりげき八時の芝居小屋

リストランテⅡ

八時の芝居小屋制作委員会

盛岡劇場 タウンホール(岩手県)

2010/10/07 (木) ~ 2010/10/08 (金) 公演終了

上演時間:

【早くも第2弾】

 「リストランテ」の上演が1月だったので、約9ヶ月後の第2弾ということになる。こんなに早くやるということは、それなりに理由がある。

 はい、思いの外評判が良かったからです。

 「メニューを読む」ことを中心に、エッセイや英語メニューの翻訳などをちりばめて構成し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/07 (木) ~ 2010/10/08 (金)
劇場 盛岡劇場 タウンホール
出演 大塚富夫(IBCアナウンサー)、高村明彦(現代時報)、斎藤英樹(劇団ゼミナール)、川村睦(劇団ゼミナール)、伊藤タエ子(架空の劇団)
脚本
演出 くらもちひろゆき
料金(1枚あたり) 800円 ~ 1,200円
【発売日】
全席自由
前売:1000円
(当日:1200円)
m-Friends料金:800円
(前売のみ)
サイト

http://www.mfca.jp/lecture/morigeki8shibai.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【早くも第2弾】

 「リストランテ」の上演が1月だったので、約9ヶ月後の第2弾ということになる。こんなに早くやるということは、それなりに理由がある。

 はい、思いの外評判が良かったからです。

 「メニューを読む」ことを中心に、エッセイや英語メニューの翻訳などをちりばめて構成した芝居だったのですが、当初から受け入れてもらえるか同化の不安はあったのです。「メニューを読む芝居」と言っても、そう簡単にイメージが湧くはずもなく、見に来てくれた人々は、おそらく、頭に「?」マークをたくさんつけていたと思う。
 もちろん、それなりに勝算はあったし、大塚さんの食べ物に関する朗読は、確実に空腹を催すはずだ、との確信もあった。しかし、それが芝居として、面白いとか、評価されるとか、そういうこととは別次元だと思っていたのだ。
 いや、やっているわたしたちは、それはきっと面白いであろう、面白いはずだ!と信じながら作っているのだが、それが本当に思惑通りに届くかどうかは、やはり未知数だったのだ。
 フタを開けてみれば、こちらが意図した以上に喜んでもらえた。

 してやったりだ。

 年度が変わって、10月「リストランテⅡ」をラインナップすることになった。第1弾が好評だと、第2弾はもっと面白く!と気負ってしまいそうだが、そこは気負わず、あっさりと作っていこうと思う。
 でも、全く同じような内容でも面白くないので、そこはちょっとひねりを入れた。

 今回のテーマは「Bar」と「中華」である。

 それでは、劇場でお会いできる日を楽しみにしています。
その他注意事項
スタッフ [プロデューサー]くらもちひろゆき
[舞台美術・映像]平川重寅(pmi)
[照明]溝江純(架空の劇団)、小野寺倫代
[音響]土川拓未(架空の劇団)
[衣裳]澤田綾香(香港活劇姉妹)
[演出助手]高野ひとみ(劇団・風紀委員会)
[宣伝美術]川村英(WIRE WORK)

[情報提供] 2010/09/11 13:20 by いな

[最終更新] 2010/09/11 16:27 by いな

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大