演劇

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 野外劇場「有度」(静岡県)

2010/10/23 (土) ~ 2010/10/24 (日) 公演終了

上演時間:

作品について

フランス演劇界の俊英パスカル・ランベールと、経済哲学者エリック・メシュラン、4名のフランス人女優、そして50名の市民・・・。プロとアマチュアによる異色のコラボレーションがフランスで大きな反響を呼んだ、全く新しい群集劇が日本にやってくる! 舞台に立つ人々は、物々交換の時代のポ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/23 (土) ~ 2010/10/24 (日)
劇場 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
出演 エリック・メシュラン、クレマンティーヌ・べアール、ケイト・モラン、セシール・ミュシテリ、ヴィルジニ・ヴァイヤン、ほか一般参加者
脚本 パスカル・ランベール
演出 パスカル・ランベール、大岡淳
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】
チケット:2,000円/高校生以下1,000円
※背もたれのない客席になります。 ※雨天時でも上演いたします。
サイト

http://www.spac.or.jp/10_autumn/dansee

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 作品について

フランス演劇界の俊英パスカル・ランベールと、経済哲学者エリック・メシュラン、4名のフランス人女優、そして50名の市民・・・。プロとアマチュアによる異色のコラボレーションがフランスで大きな反響を呼んだ、全く新しい群集劇が日本にやってくる! 舞台に立つ人々は、物々交換の時代のポリネシアから、金融危機に苦しむ現代のデトロイトまで、世界経済の歴史(=物語)を、軽やかに旅していく。そして、旅の終わりに見えてくる風景とは――?

埼玉、静岡、宮崎の、3つの劇場が、3都市・3劇場それぞれで、パスカル・ランベールと日本人演出家との共同演出により、そこに生きる各地の市民とともに、新たに創り上げた日本版の上演。さあ、時を越え海を越え、旅に出よう!
宮崎:http://www.miyazaki-ac.jp/moyooshi/2010/world-dances2/index.html
埼玉:http://www.city.fujimi.saitama.jp/30shisetsu/99kirari/02infomation/2010-0524-1402-137.html

◎県民参加体験創作劇場とは・・・・

地域における舞台芸術活動のより豊かな環境の創出と優れた人材の輩出を目的にスタートしたSPACの人材育成事業。1997年『シンデレラ』、99年『ロミオとジュリエット』、99年、2000年『忠臣蔵』、04年『忠臣蔵2004』、06年『東海道四谷怪談』(以上、演出:宮城聰)、07年『椿姫』(演出:渡辺亮史)など、参加者の県民とプロの演出家・スタッフが共同で舞台を創造している。その後プロの俳優・スタッフとして活動を始めたり、地域での新しい演劇活動を展開している参加者も数多くいる。
その他注意事項 フランス語・日本語上演・日本語字幕
スタッフ 企画・構成:パスカル・ランベール、エリック・メシュラン
作・演出:パスカル・ランベール
共同演出(静岡公演):大岡淳
哲学的テキスト・出演:エリック・メシュラン
一般参加者:
朝羽純也、落合久信、川口駒貴、小長井涼、小谷野桂子、佐藤萌里、佐野千秋、Sabine Stadler、柴田恵、杉上友紀、杉原可奈子、鈴木綾乃、鈴木久美子、芹澤輝代、濱﨑邦子、春野菜緒、本多佐千子、松浦大樹、横山香代子
コーラス指導(静岡公演):戸﨑裕子(音楽青葉会)
コーラス:辻康介、戸﨑廣乃、戸﨑文葉、蓑島晋 梅原智代、梅原知里、梅原奈美樹、鈴嶋孝将、高田智佳、土屋佑里香、山下浩平、ほか
永井 健二(SPAC)

[情報提供] 2010/09/09 11:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/10 20:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大