明治座

明治座(東京都)

2010/10/01 (金) ~ 2010/10/26 (火) 公演終了

休演日:10/14

上演時間:

松竹新喜劇の不朽の名作が、装いも新たに明治座初登場!

一、 藤山寬美二十快笑より
人生双六
(昼の部1日~13日/夜の部15日~24日)

大阪のとあるガード下。
失業の身でその日の生活もままならない浜本啓一は、たまたま大金の入った財布を拾う。浜本が我が物にしようとする心と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/01 (金) ~ 2010/10/26 (火)
劇場 明治座
出演 五木ひろし、長山洋子、曽我廼家文童、高田次郎、葉山葉子、新橋耐子、井上惠美子、千草英子、いま寛大、曽我廼家寛太郎、江口直彌、朝倉一、渚あき、ほか
脚本 茂林寺文福、舘直志、平戸敬二
演出 浅香哲哉、渋谷天外、松園明
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 12,000円
【発売日】2010/08/27
A席  12,000円
B席  5,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2010/10/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 松竹新喜劇の不朽の名作が、装いも新たに明治座初登場!

一、 藤山寬美二十快笑より
人生双六
(昼の部1日~13日/夜の部15日~24日)

大阪のとあるガード下。
失業の身でその日の生活もままならない浜本啓一は、たまたま大金の入った財布を拾う。浜本が我が物にしようとする心と、持ち主に返すべきだとする良心の間で揺れていると、同じく職を求め街をさまよう宇田信吉という人物と出会う。浜本は宇田の純粋な人柄に触れ、そのお金を持ち主に返す決心をするのだった。
意気投合した二人はお互いの成功を信じ、5年後同じガード下での再会を約束する。
そして時が流れ、再び出会った二人のそれぞれの人生とは―。


一、 松竹新喜劇十八番より
紺屋と高尾
(夜の部2日~13日/昼の部15日~26日)

大坂から江戸へ、兄弟子二人と観音講でやってきた紺屋職人の久造。
「江戸へ来たからには、花の吉原へ行こう」
兄弟子たちに誘われるまま行った吉原で、高尾太夫の花魁道中に出会い、この世のものとは思えない美しさに見ほれてしまう。
大坂に帰ってきた久造だが、高尾が恋しいあまりにとうとう寝込む始末。
しかし親方から、いくら位の高い花魁でもお金を積めば会えると言われた久造は、寝る間を惜しんでお金を貯める決心をする。
そしてついに念願の高尾と再会した久造だったが―。


二、 夢舞台・華舞台
三、 ビッグショー

長山洋子を特別ゲストに迎え、深まり行く秋にふさわしいゴージャスな歌とステージを展開します!
その他注意事項 ※ 6歳以上有料。
5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。
スタッフ 一、 藤山寬美二十快笑より
人生双六
(昼の部1日~13日/夜の部15日~24日)

合作: 茂林寺文福/舘 直志
演出: 浅香哲哉


一、 松竹新喜劇十八番より
紺屋と高尾
(夜の部2日~13日/昼の部15日~26日)

口演: 一竜斎貞丈
脚本: 平戸敬二
演出: 渋谷天外

出演: 五木ひろし
曽我廼家文童 高田次郎 / 葉山葉子 新橋耐子
井上惠美子 千草英子 いま寛大 曽我廼家寛太郎
江口直彌 朝倉一 渚あき 他


二、 夢舞台・華舞台
三、 ビッグショー

構成・演出: 松園 明
出演:五木ひろし 長山洋子

[情報提供] 2010/09/08 22:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/08 22:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大