女は遊べ物語

0 お気に入りチラシにする

明治座

明治座(東京都)

2010/09/03 (金) ~ 2010/09/26 (日) 公演終了

上演時間:

十年つれそっても、見当のつかないのは女房というものである。

時は戦国、
織田信長の家臣・七蔵(中村梅雀)は、女房の小梅(菊川怜)に心底惚れている。
半年ぶりに戦場から戻って来るや、小梅の名をよぶ七蔵だったが、小梅は留守で出迎えもしない。
翌日、ようやく戻ってきた小梅は、夫の加増をあ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/03 (金) ~ 2010/09/26 (日)
劇場 明治座
出演 中村梅雀、菊川怜、音無美紀子、石倉三郎、青山良彦、江藤潤、なべおさみ、新谷真弓、ほか
脚本 齋藤雅文
演出 西川信廣
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 12,000円
【発売日】2010/07/19
A席  12,000円
B席  5,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2010/09/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 十年つれそっても、見当のつかないのは女房というものである。

時は戦国、
織田信長の家臣・七蔵(中村梅雀)は、女房の小梅(菊川怜)に心底惚れている。
半年ぶりに戦場から戻って来るや、小梅の名をよぶ七蔵だったが、小梅は留守で出迎えもしない。
翌日、ようやく戻ってきた小梅は、夫の加増をあてこみ、七蔵に買い物をねだる始末。
さすがの七蔵も怒るものの、結局は惚れた女房の言いなりになってしまう有様。
七蔵は、何度も戦場に赴き加増されるが、小梅の度重なる無心のために新しい武具すら買えず・・・。


司馬太郎原作の異色時代劇。
浪費家で遊び好きの妻に頭があがらない武士の出世をユーモアたっぷりに描いた娯楽作。

その他注意事項 ※ 6歳以上有料。
5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。

スタッフ 原作: 司馬太郎「一夜官女」(中公文庫刊)より

[情報提供] 2010/09/08 22:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/08 22:05 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大