東宝

ル テアトル銀座 by PARCO(東京都)

2010/11/17 (水) ~ 2010/11/25 (木) 公演終了

上演時間:

好青年のレナード・ボイルは(風間トオル)は、ロンドン市内で偶然一人暮らしの老婦人エイリー・フレンチを交通事故から助けたことをきっかけに知り合い、親しくなっていった。レナードは、度々、彼女の家に出入りするようになるが、ある夜、フレンチ婦人が自宅で殺害される。失業中で金銭的に困っていたレナードが、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/17 (水) ~ 2010/11/25 (木)
劇場 ル テアトル銀座 by PARCO
出演 浅丘ルリ子、風間トオル、鶴田忍、菅野菜保之、松金よね子、渡辺徹、伴美奈子、石村みか、高嶋寛、紘貴
脚本 星田良子
演出 星田良子
料金(1枚あたり) 9,500円 ~ 19,000円
【発売日】2010/09/11
全席指定  9,500円 
BOX席  19,000円 (2名様・プログラム付き)
サイト

http://komasta.jugem.jp/?cid=8

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 好青年のレナード・ボイルは(風間トオル)は、ロンドン市内で偶然一人暮らしの老婦人エイリー・フレンチを交通事故から助けたことをきっかけに知り合い、親しくなっていった。レナードは、度々、彼女の家に出入りするようになるが、ある夜、フレンチ婦人が自宅で殺害される。失業中で金銭的に困っていたレナードが、金目当てで婦人に近づいたのでは?と、動機、アリバイともに状況証拠は、レナードに不利なものばかり。窮地に立たされたレナードは、弁護士のウィルフリード・ロバーツ卿(渡辺徹)に弁護の依頼をする。ロンドンにある中央刑事裁判所。いよいよレナード裁判が始まった。検察側の証人に立ったフレンチ婦人の住み込みの家政婦、ジャネット・マッケンジー(松金よね子)は、殺害時刻にフレンチ婦人とレナードの話し声が聞こえたと証言する。唯一、レナードのアリバイを証明できるのは、愛妻のローマイン(浅丘ルリ子)だったが、あろうことか彼女は夫の犯行を裏付ける不利な証言をする。無実を主張するレナードは、いよいよ追い詰められる。そんなローマインの思惑とは?果たしてレナードは本当に無実なのだろうか?二転三転する謎解きのラストに、衝撃の結末が待っている—。

その他注意事項 未就学児童入場不可.

スタッフ 翻訳 : 中島アニータ・さくら
上演台本・演出 : 星田良子

[情報提供] 2010/09/03 01:42 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/11/21 17:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大