ミュージカル

オネーギン

Evgeny Onegin -あるダンディの肖像-

宝塚歌劇団

宝塚バウホール(兵庫県)

他劇場あり:

2010/10/28 (木) ~ 2010/11/07 (日) 公演終了

休演日:11/4

上演時間:

 オペラやバレエ作品として知られ映画化もされた、ロシアの文豪A・プーシキンの韻文小説「オネーギン」をミュージカル化。19世紀初頭、西欧諸国が新たな時代に移り変わろうとする中、封建的なロシア貴族社会に生きる人々は、社交界での華やかな日々を繰り返していた。そんな享楽的で空虚な生活に退屈しきったエフ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/28 (木) ~ 2010/11/07 (日)
劇場 宝塚バウホール
出演 轟悠、ほか
作曲
脚本 植田景子
演出 植田景子
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 6,000円
【発売日】2010/09/25
全席 6,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/195/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  オペラやバレエ作品として知られ映画化もされた、ロシアの文豪A・プーシキンの韻文小説「オネーギン」をミュージカル化。19世紀初頭、西欧諸国が新たな時代に移り変わろうとする中、封建的なロシア貴族社会に生きる人々は、社交界での華やかな日々を繰り返していた。そんな享楽的で空虚な生活に退屈しきったエフゲーニィ・オネーギンは、しばらく田舎の領地に滞在することになる。聡明で夢見がちなラーリン家の娘タチヤーナは、オネーギンに恋心を抱き、その想いを手紙にしたためる。しかし、オネーギンはタチヤーナの純粋な思いを受け入れることが出来ない。感情のもつれが思わぬ悲劇を引き起こし、オネーギンは長い放浪の旅に出かけることになる。時が流れ・・運命の邂逅が、再び二人を待ち受けていた。
その他注意事項
スタッフ 原作/A・プーシキン

[情報提供] 2010/08/24 14:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/08/24 14:49 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大