ミュージカル

NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター

誰がために鐘は鳴る

宝塚歌劇団

東京宝塚劇場(東京都)

他劇場あり:

2011/01/01 (土) ~ 2011/01/30 (日) 公演終了

休演日:1/4,11,17,24

上演時間:

 ヘミングウェイの原作、そしてゲーリー・クーパーとイングリッド・バーグマンの映画で知られている名作「誰がために鐘は鳴る」が、宝塚歌劇により世界で初めて舞台化されたのが1978年。鳳蘭、遥くららのコンビを中心とした星組により上演され、宝塚歌劇では異色の作品ながら、大好評を博しました。今回は、初演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/01 (土) ~ 2011/01/30 (日)
劇場 東京宝塚劇場
出演 大空祐飛、野々すみ花、ほか
作曲
脚本 柴田侑宏
演出 木村信司
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 11,000円
【発売日】2010/11/28
SS席 11,000円、S席 8,500円、A席 5,500円、B席 3,500円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/194/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  ヘミングウェイの原作、そしてゲーリー・クーパーとイングリッド・バーグマンの映画で知られている名作「誰がために鐘は鳴る」が、宝塚歌劇により世界で初めて舞台化されたのが1978年。鳳蘭、遥くららのコンビを中心とした星組により上演され、宝塚歌劇では異色の作品ながら、大好評を博しました。今回は、初演の脚本・演出に、ミュージカルとしての新演出も加えながらの再演となります。1936年、アメリカの大学講師ロバート・ジョーダンは、義勇兵として内乱のスペインに赴く。渓谷にかかる敵の橋梁爆破という大きな任務を命じられたロバートは、山中のゲリラの拠点で少女マリアに出会う……。最前線の山にこもるゲリラたちの人間群像、そして極限状態におけるロバートとマリアの愛の美しさ。四日間の息詰まるような人間模様が描かれます。
その他注意事項
スタッフ 原作/アーネスト・ヘミングウェイ

[情報提供] 2010/08/24 14:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/02 14:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大