その他

BUSSTRIO LIVE EVENT

あなたの葬式でわたしが言うべきこと

The Girl Problem

デザイン:児玉悟之

0 お気に入りチラシにする

その他

BUSSTRIO LIVE EVENT

The Girl Problem

あなたの葬式でわたしが言うべきこと

バストリオ

渋谷屋根裏(東京都)

2010/09/16 (木) ~ 2010/09/16 (木) 公演終了

上演時間:

BUSSTRIO LIVE EVENT「The Girl Problem あなたの葬式でわたしが言うべきこと」

9月16日(Thu)open/19:00〜 start/19:30〜
adv/¥2000 door/¥2300 (+1drink¥600)

バストリオが送る一夜限り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/16 (木) ~ 2010/09/16 (木)
劇場 渋谷屋根裏
出演 kanina、太田順子、小澤薫、橋本和加子、児玉悟之、今野裕一郎、Arthur&Sabrina
脚本 今野裕一郎
演出 今野裕一郎
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,300円
【発売日】2010/08/22
前売り2000円、当日2300円、(別途 1ドリンク600円)
サイト

http://busstrio.com/girl-problem/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 BUSSTRIO LIVE EVENT「The Girl Problem あなたの葬式でわたしが言うべきこと」

9月16日(Thu)open/19:00〜 start/19:30〜
adv/¥2000 door/¥2300 (+1drink¥600)

バストリオが送る一夜限りの音楽×パフォーマンスイベント!

Arthur&Sabrina【Live】、kanina【Live】、バストリオ【Performance】

いつも一緒にいる人と何が出来るのかというのを考えてやってきました。自分がものをつくるというのはいつもそういうことでした。出会った人たちと、どのようにすればしっかり繋がる事が出来て、一緒にものづくりが出来るのかをいまも真剣に考えています。たった一人で何かをしていたら考えなかった事だと思います。
今回、参加してくれる「Arthure&Sabrina」は浅草で知り合って、不思議な縁によって、自分たちが制作した映画『生きている』に彼女たちが出演してくれるということになりました。快く参加してくれた二人は、映画の中で素晴らしい演技と演奏を披露してくれて、そのシーンを彩ってくれました。そして、大阪から参加してくれる「kanina」というバンドはふとしたネット上での出会いから、ライブを見に行って知り合い、今はその映画『生きている』のサウンドトラックを作ってくれています。そうやって一本の映画は完成に向かっていき、その繋がりでこのようなイベントを開く事が出来ることは、自分たちの今までと、これからに繋がる一つのかたちだと思います。出会いによって作品がかたちとなっていくというバストリオの歩みの一つの成果として、この一見繋がりのなさそうな三組によるイベントを楽しんでもらいたいと思っています。

<Arthure&Sabrina>http://www.myspace.com/arthuresabrina

日系ブラジル人のアルトゥール・ヴィタルと同じく日系ブラジル人のサブリナ・ヘルマイスターによるユニット。
デビューアルバム『バラとひまわり』はランブリング・レコーズより6月4日に発売されたばかり。アルトゥールのヴォーカル&ギターにサブリナの歌声が合わさったアコースティックなサウンドはすでに多くのファンを魅了している。

<kanina>http://www.myspace.com/kaninaamm

ヴォーカル、ストーリーテリング、ピアノ、アニメーション制作など幅広く活躍するyukinoとギター、ノイズ、シンセサイザーを担当する天野氏の二人で構成されたバンド。
クラシカルで美しい世界観から生み出されたひとつの「物語」を音と歌で奏でる、他に類を見ない新しい手法を提示。バイオリンやピアノを取り入れ、従来のバンドサウンドにとらわれない自由な表現方法で独自の音楽を模索し、具現化している。

<バストリオ>http://busstrio.com

今野裕一郎が主宰するユニット。
作品を作るたびにメンバーを集めて一つの作品を皆で作り上げる方法で、映画/演劇/パフォーマンスとジャンルに拘らずに作品を作っている。主に生と死などのテーマを、言葉を紡いで、そこにリズムとグルーブを生み出して全てを肯定をしていく表現を志す。


「ガール・プロブレム あなたの葬式でわたしが言うべきこと」
6/28大阪のclub vijonで開催された「ten minutes after」で上演されたパフォーマンス。大阪で好評を得、東京で再演が決定!

作・演出・映像|今野 裕一郎
出演|太田 順子/小澤 薫/橋本 和加子/児玉 悟之/今野 裕一郎

女たちは問題を抱えている。
だから不機嫌になるのも仕方がない。そんな彼女たちは葬式に集まる。
そこに男たちは参加出来ていない。
「あなたの葬式で、私が言うべき事がわからない」
だから私たちは歌います。踊ります。ラララ。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/08/21 22:57 by バストリオ

[最終更新] 2010/08/27 03:02 by バストリオ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大