歌舞伎・伝統芸能

前進座初春特別公演

通し狂言 切られお富

処女翫浮名横櫛

劇団前進座

京都四條南座(京都府)

2011/01/03 (月) ~ 2011/01/23 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ

表向きは絹問屋、実は盗賊、観音久次こと赤間源左衛門〔梅之助〕。その手代、蝙蝠(こうもり)の安蔵〔矢之輔〕は、悪い仲間と示しあわせ、今日こそ赤間の妾お富〔國太郎〕への思いを遂げようと辻堂前で・・・。 

あわやというとき、かつて木更津の船中で見初め、契(ちぎ)りを交...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/03 (月) ~ 2011/01/23 (日)
劇場 京都四條南座
出演 河原崎國太郎、嵐芳三郎、藤川矢之輔、中村靖之介、中村梅之助、山崎辰三郎、嵐圭史
脚本
演出 中橋耕史
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 14,000円
【発売日】2010/11/26
特別席 14,000円
一等席 12,500円
二等席 6,500円
三等席 4,000円
サイト

http://www.zenshinza.com/stage_guide/otomi/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ

表向きは絹問屋、実は盗賊、観音久次こと赤間源左衛門〔梅之助〕。その手代、蝙蝠(こうもり)の安蔵〔矢之輔〕は、悪い仲間と示しあわせ、今日こそ赤間の妾お富〔國太郎〕への思いを遂げようと辻堂前で・・・。 

あわやというとき、かつて木更津の船中で見初め、契(ちぎ)りを交わした浪人の井筒与三郎〔広也改め七代目芳三郎〕が来かかり助けられる。激しい雷鳴。二人は辻堂へ・・・。

その密会を知った赤間はお富をなぶり切りにするが、安蔵はこれを助け、薩埵峠(さつたとうげ)に茶店を出して同棲する。

たまたま通りかかった与三郎が自分の主筋の子息であり、名刀北斗丸を探し求める浪々の身で、買い戻す二百両に窮しているとわかり、お富はその調達を引き受ける。

安蔵とぐるになり、今は府中の弥勒(みろく)町で女郎屋の主人におさまっている赤間の弱みをつき、二百両を強請りとる。

その女郎屋へ客としてあがり、様子をうかがう侍舟穂幸十郎〔圭史〕。

帰りみち、お富と安蔵は畜生塚で金を奪いあい、安蔵は傘を、お富は出刃をかざして立ち廻り・・・。
その他注意事項
スタッフ 作 … 河竹黙阿弥
補 綴 … 小池章太郎
演 出 … 中橋 耕史
美 術 … 熊野 隆二
美術補 … 高木 康夫
照 明 … 寺田 義雄
音 楽 … 杵屋佐之忠

[情報提供] 2010/08/14 13:28 by 華崎

[最終更新] 2010/08/14 13:29 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大