演劇

五反田団

こまばアゴラ劇場(東京都)

2007/03/15 (木) ~ 2007/03/25 (日) 公演終了

上演時間:

先日、五反田のボーリングセンターがなくなりました。
 そこは子供の頃家族でたまに行った思い出の場所だったりします。
 人は変わるのを恐れるくせに進歩したり成長したがったりしますが、
 結局、行き着く先は死んじゃうことです。全くよくわからない。
 死ぬことをわすれていないと生きていけない...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/15 (木) ~ 2007/03/25 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 後藤飛鳥、端田新菜、兵藤公美、望月志津子、山本由佳、志賀広太郎
脚本 前田司郎
演出 前田司郎
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2007/02/15
予約・当日ともに1500円
(日時指定・全席ほぼ自由席・整理番号付)
サイト

http://www.uranus.dti.ne.jp/~gotannda/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 先日、五反田のボーリングセンターがなくなりました。
 そこは子供の頃家族でたまに行った思い出の場所だったりします。
 人は変わるのを恐れるくせに進歩したり成長したがったりしますが、
 結局、行き着く先は死んじゃうことです。全くよくわからない。
 死ぬことをわすれていないと生きていけない。
 この話の主人公は常に自分が死ぬ存在であることを
 自覚しながら生きています。不幸なのか、なんなのか。
お話は八百屋の四姉妹の物語です。
母は大分昔に蒸発した。三女はずっと病気。
別に強くも正しくもない、そこら辺にいるような四人は
それなりに不幸にそれなりに幸福に生きていく。
それだけの物語です。
その他注意事項 舞台写真はこまばアゴラ劇場ホームページより⇒ http://www.komaba-agora.com/line_up/2007_03/gotanda0703.html
スタッフ 出演
大竹直(青年団)
後藤飛鳥
志賀廣太郎(青年団)
端田新菜(青年団)
兵藤公美(青年団)
望月志津子
山本由佳(むっちりみえっぱり)・
黒田大輔(THESAMPOOHAT)/前田司郎*ダブルキャスト
【15日~19日は前田司郎出演・20日~25日は黒田大輔出演】 

照明/岩城保
宣伝美術/藤原未央子 
制作/榎戸源胤  尾原綾

[情報提供] 2006/12/16 21:33 by camin

[最終更新] 2008/01/07 04:09 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大