THE HONEST VILLAGE 公演情報 THE HONEST VILLAGE」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.7
1-10件 / 10件中
  • 満足度★★★★

    現実と芝居の関係にまで思いが及ぶ
    嘘をつくと「バスターズ」に摘発される「正直村」を舞台にした物語。
    コトの真相が明らかになる終盤では現実と芝居との関係にまで思いが及びニヤリ。
    また、その「場所」や「ある人物」の見せ方が、生の舞台ならではの「嘘」なのもイイ。

  • 満足度★★★★

    初の下北沢
    今回はこじんまりとした舞台で、出演者が多く手狭といった印象でしたね。 どちらかというと殺風景なセットだったし・・・後半は、なかなか面白く、葵さんの素敵な歌声で爽やかな気分になりました。

  • 満足度★★★

    今までのジーモとちょっと違う
    個人的には山田華子役のBOSSYにやられまくり!ものすっごいキャラクターです。アニメ的。しかもどちらかというと「おぼっちゃまん君」に登場するようなキャラ!いやはや、恐れ入りました。笑

    以下はネタばれBOXにて。。

    ネタバレBOX

    ずっと食べ続けてるじさま。何かの獣が憑依したかのような動きの華子。沙悟浄と八戒。まさに、なにが何だかよく解らない村民352人の「正直村」で“ウソバスターズ”の一員として働く事になった真島の部屋に、これまた何が何だかよく解らない近隣の住人が平気で出入りしている。

    こりゃあもう、嘘のない正直さうんぬんよりプライバシーの侵害じゃね?と仰け反りながら見ていると、物語の序盤は正直村の説明に終始していた。中盤では村長とドクターKYが企んで村民たちを丸ごと「嘘発見器」の実験モニターとしてモルモット化しているのではないかと村民数人が疑い、終盤では正直村自体が存在しないフィクションの世界だったと締めくくっていた。

    つまり、村民だと思っていた彼らは、パソコンを打ちながら実験室でシュミレーションゲームをやり続けていたということで、これはコミュニティサイトの発展系だという説明だった。

    終盤になってようやく、今まで動いていた彼らは想像の中で動いていたに過ぎないと理解したが、架空の村で他人と交わりながら騒いでいた彼らは機械的にただただパソコンを見つめているだけなのだ。その光景はぐにゃりと歪んだ未来が簡単に想像できて、末恐ろしい気もしたが、彼らが過去に抱えた欝な感情は未だに癒されず流れを変えて違った方向に向かってしまったようだった。ひきこもり。

    彼らには大志というものがなく、無気力と憂鬱こそが若さという病なのだ、とでもいうようなこころもとない目で、すべてがあらかじめ終了したこの国をただ、漂うようにして生きているのだ。

    しかしこれらに気が付いた数人は嘘のある世界に戻ろうとするが「嘘をつかれて傷つきたくなかったらここに居ろ。」という村長の言葉は自分自身の傷の深みを露呈する。

    だから、この物語をシチュエーションコメディ!とするなら滑ったギャグの連発には笑えない。しかし不条理劇とするならば新しいジーモを感じた。
  • 満足度★★★★

    そうだったんですか!?
    やられました。もう少し注意して見ていれば事前に分かったかなあ。

    ネタバレBOX

    電脳の中なのか、現実の部屋なのか…、

    みんなが端末を叩いているのか、オフ会なのか。

    村長の妹さんがバーチャルだったとは…、私みんなから嫌われているのかしらで気付けば良かったのですが気付きませんでした。

    妄想物でもなく、幽霊物から派生した新しいパターンの誕生ですね。
  • 満足度★★★

    いまひとつ
    終わってみれば、ああなるほどーとなるんですが、見ている途中では、説明過多なのか、伏線を張りすぎているのか、いまひとつ芝居に入り込めませんでした。もうちょっとリラックスして楽しみたい。

  • 満足度★★★★

    楽しめました
    後半からよかった。エピローグの後味がよい。会場の室温が寒かったのと、前半のお笑いがせっかくの設定をいまひとつ活かしきれていなかったのが残念。顔写真付きのキャスト表は気になった役者を調べるのに便利なので今後もお願いします。

  • 満足度★★★

    ロハス?
    最初のほうは舞台と客席の温度が違いすぎて、イタくてツラくて、これで1時間55分はシンドイなぁ・・・と思ってたけど、物語が進展していくにつれて普通に観れるようになりました。なるほど、そうだったのか!という流れの展開でありつつも、そのネタの1つ1つはどこかで観たことのあるようなものばかり。つまらなくはないけれど新しいものもなく、「また観たい!」と思わせる魅力は、正直感じませんでした。ロハスも感じませんでした。

  • 満足度★★★★★

    カタルシス
    あまりに人工的過ぎる世界がパラドックスに陥っていく過程の表現が巧み。爆発して終わりではなくて、その後にほのぼのとした世界が現れるカタルシスもこの劇団の優れた持ち味のようです。

  • 満足度★★★★

    謎解きモノ
    コメディですがこの作品は謎解き要素ありですね。
    笑わせようとしながら空回りな前半のコントが痛すぎ
    ますが、そんな前半にも微妙に伏線が張ってあり油断
    できません。
    後半から謎を解き明かすべく物語が展開していきます。
    最後のほうになって、そういうことか!と唸る。
    チープではありますが衣装にも凝ってますね。
    いや、凝る理由があったのか。

    劇場が狭く、平日でも満席でした。
    これから観に行かれる方は、予約可能であれば予約し
    たほうがいいかも。

  • 満足度★★★

    嘘の嘘
    会社の悪事を告発して辞めさせられた男が、嘘をついてはいけない「正直村」にやって来て起こる出来事を描いた話で、善意の嘘/悪意の嘘について考えさせる作品でした。コメディと謳っている割にはあまり笑えませんでしたが、興味深いテーマでした。

    最初はコメディタッチで軽い感じなのですが、面白いギャグがほとんどなく、2時間ずっとこの調子だと辛いなあと思っていると、中盤から予想外の展開で少しシリアスな雰囲気になり、次第に引き込まれました。
    それぞれの登場人物の嘘にまつわるエピソードや思いが明らかになっていきますが、事前にそれを匂わせる要素がなくて、若干唐突に感じました。

    クライマックスの後、コミカルな雰囲気に戻るエピローグが長くて、メインディッシュを食べた後にケーキが丸ごと出てきた感じでした。さらっと終わって欲しかったです。

    安部公房の短編小説を思わせる反転が仕込まれた物語の骨格は良かったので、笑いの部分がブラッシュアップされれば、バランスの取れた良作になると思います。

このページのQRコードです。

拡大