演劇

七つの大罪シリーズ5/7

Gluttony -グラタニィ[暴食]-

演劇レーベルBo″-tanz

小劇場てあとるらぽう(東京都)

2010/09/30 (木) ~ 2010/10/04 (月) 公演終了

上演時間:

燃え上がる回転木馬。その中で炙られるアイドル・松沼真弥。しかし、ひとつの人影が松沼真弥を炎の中から救い出す。間一髪で彼女を救出したのはバイオ系枯葉剤<エージェント・グリーン>の制作者である米国アグリバイオ社の元研究員ミック辻だった。特殊救急車で病院へ運ばれる松沼真弥。しかし、その救急車が麻薬取...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/30 (木) ~ 2010/10/04 (月)
劇場 小劇場てあとるらぽう
出演 木村淳、真美子、津本泰雅[劇家大熊猫]
脚本 はなださとし
演出 はなださとし
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
前売り:\3000/当日:\3500/立ち見:\2500
サイト

http://bo-tanz.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 燃え上がる回転木馬。その中で炙られるアイドル・松沼真弥。しかし、ひとつの人影が松沼真弥を炎の中から救い出す。間一髪で彼女を救出したのはバイオ系枯葉剤<エージェント・グリーン>の制作者である米国アグリバイオ社の元研究員ミック辻だった。特殊救急車で病院へ運ばれる松沼真弥。しかし、その救急車が麻薬取締官・梯鳥信司らを乗せたまま行方不明となってしまったのだ。強奪された特殊救急車の中で、松沼真弥の採血を行うミック辻。一体それは何のためなのか? そんな中、北海道の大豆から<病原性菌類フザリウム・オキシスポラムAGX株>、すなわち最凶バイオ系枯葉剤<エージェント・グリーン>が検出される… これは未曾有のバイオテロリズムのプレリュードなのか? 司令官である梯鳥信司を欠く麻取捜査四課、そして警視庁捜査一課特捜班の剣崎龍太はエージェント・グリーンによるバイオテロを阻止できるのか? 
その他注意事項
スタッフ 【照明】島田康和[S. P. C] 
【音響】畠山慎一
【映像OP】原裕一郎
【音楽】諏訪裕太郎[Turtlemusee]
【映像】原裕一郎 & はなださとし
【舞台装置】高橋工務店
【衣裳】パトリック・ファブリック
【制作】演劇レーベルBö-tanz
【制作協力】羽鳥重光

[情報提供] 2010/08/12 14:34 by 真美子

[最終更新] 2013/05/15 22:18 by はなださとし

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大