演劇

墨東まち見世2010

墨田区在住アトレウス家

アトレウス家

旧アトレウス家(東京都)

2010/07/31 (土) ~ 2010/08/01 (日) 公演終了

上演時間:

「墨田区在住アトレウス家」は、墨田区内の空き家を借り、そこにギリシャ劇の一家がかつて暮らしていたという設定で、家やまちを再発見していくプロジェクトです。実際の家屋のディテールを手がかりに、アトレウス家の親子三代にわたる生活を具体的に想像し、数々の事件の痕跡をたどります。地域の人たちの参加・協力...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/31 (土) ~ 2010/08/01 (日)
劇場 旧アトレウス家
出演 墨田区の地域の方々、東京藝術大学音楽環境創造科の学生、日本大学佐藤慎也研究室の学生
脚本
演出 長島確
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
1,500円(前売のみ)/当日清算
サイト

http://www.bh-project.jp/artpoint/program/art/machimise2010-02.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「墨田区在住アトレウス家」は、墨田区内の空き家を借り、そこにギリシャ劇の一家がかつて暮らしていたという設定で、家やまちを再発見していくプロジェクトです。実際の家屋のディテールを手がかりに、アトレウス家の親子三代にわたる生活を具体的に想像し、数々の事件の痕跡をたどります。地域の人たちの参加・協力のもと、読書会やフィールドワークを重ねながら、インスタレーションと演劇の間をさぐる作品を、来年3月までかけて4本制作します(うち2本は同時上演)。

Part 1の題材はソフォクレス作『エレクトラ』。母とその愛人の住む家で、殺された父の復讐を誓い、弟の帰りを待つ娘――そんな一家が暮らしていた家を見に来ませんか。

その他注意事項
スタッフ コンセプト・構成・演出:長島確
参加/出演:墨田区の地域の方々、東京藝術大学音楽環境創造科の学生、日本大学佐藤慎也研究室の学生
コラボレーター:福田毅(中野成樹+フランケンズ)、武田力
写真・映像:冨田了平
ロゴデザイン:福岡泰隆
ドラマトゥルク:佐藤慎也、横堀応彦
制作:戸田史子

[情報提供] 2010/07/29 08:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/08/27 11:02 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大