演劇

チャイカ第一回公演

かもめ

アントン・チェーホフ原作

チャイカ

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2007/04/21 (土) ~ 2007/04/22 (日) 公演終了

上演時間:

<ストーリー>
かもめのように湖が好きで かもめのように幸福で自由だった

美しい湖のほとりに住む若い恋人、女優にあこがれる田舎の娘ニーナと、有名な女優の子であり芸術に革新をもたらす作家をめざす青年コースチャ。
二人は共に成功を夢みて淡い日々を過ごしていたが、ある時ニーナは人気作家トリ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/04/21 (土) ~ 2007/04/22 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 濱田佳菜、紀伊川淳、岡田知子、hime[姫組]、土本ひろき、山田一幸[朱亜shu-A]、穴見圭司[dracom]、辻野加奈恵
脚本 外輪能隆
演出 外輪能隆
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
前売2,500円
当日3,000円
サイト

http://www.evkk.net/chaika/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <ストーリー>
かもめのように湖が好きで かもめのように幸福で自由だった

美しい湖のほとりに住む若い恋人、女優にあこがれる田舎の娘ニーナと、有名な女優の子であり芸術に革新をもたらす作家をめざす青年コースチャ。
二人は共に成功を夢みて淡い日々を過ごしていたが、ある時ニーナは人気作家トリゴーリンに想いを寄せ街へと飛び出して行くことになる。
二年後、作家となったコースチャの前に、多くの挫折を味わったニーナが現れる。
惨めな浮き草のような女優生活を耐えるその姿を、彼は目の当たりにする・・・


<公演にあたって>
近頃の報道から、いじめなどで自殺を考える若者に思いを向ける。
その強すぎるほどの想いは、絶望によるものなのか、それとも何かを残すためなのか・・・
チェーホフは没後100年を迎えたが、この作品の登場人物たちは、現代の私たちの悩みと何ら変わらないものを抱えて生きている。
夢見る気持ちと現実の生活とのギャップ。
愛しているのに素直になれないもどかしさ。
ひたすら懸命だったり、ほんとうはギリギリだったり。
けれど、そんな生きざまに触れることで、
明日からの生活に繋がるものがきっとあるのではないかと思う。
                       辻野加奈恵
その他注意事項
スタッフ プロデュース:辻野加奈恵

舞台監督:武吉浩二[CQ]

音響:西角秀紀[(有)ムーブファクトリー]

照明:池辺茜[CQ]

演出助手:十時直子[劇団10×10×10]

制作:中川章子[演団劇箱・・・お手やわらかに]

宣伝美術:峯知子/高橋美幸 [Soul Decoration]

イラスト:日置あつし [うさぎ印]

写真撮影:山本詠子 [Soul Decoration]

[情報提供] 2007/04/13 10:00 by チャイカ

[最終更新] 2007/04/13 10:14 by チャイカ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大