人形劇団ひとみ座

県民共済みらいホール(神奈川県)

他劇場あり:

2010/08/19 (木) ~ 2010/08/21 (土) 公演終了

上演時間:

今回の「バイセクル the bicycle」横浜公演は、ファミリーから大人という幅広い年齢層に向けて上演します。

 これは、日本の人形劇公演としては、ごくありふれたことなのかもしれません。しかし、「バイセクル the bicycle」という作品に限っていえば、実は日本では初めての挑戦なの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/08/19 (木) ~ 2010/08/21 (土)
劇場 県民共済みらいホール
出演 篠崎亜紀、小林加弥子、勝又茂紀、山下潤子、田中弘映、冨田愛、友松正人
脚本 エドワード・ゴーリー
演出 石川哲次(優雅に叱責する自転車)、友松正人(不幸な子供)
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 2,800円
【発売日】2010/07/01
前売り 2500円 / 当日 2800円
    ひとみ座☆倶楽部会員 2200円
    4歳以上均一料金 全席指定
サイト

http://hitomizabicycle.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今回の「バイセクル the bicycle」横浜公演は、ファミリーから大人という幅広い年齢層に向けて上演します。

 これは、日本の人形劇公演としては、ごくありふれたことなのかもしれません。しかし、「バイセクル the bicycle」という作品に限っていえば、実は日本では初めての挑戦なのです。

 2004年2月、ひとみ座のスタジオ(稽古場)で、「the bicycle」は初めて公演されました。エドワード・ゴーリーのブラックユーモアに富んだ原作、白黒を基軸にした人形と舞台、セリフのない構成。これらより、大人が楽しむ人形劇として「the bicycle」は生まれました。さらに2007年2月には、劇場両国シアターΧでの東京公演を行いました。たくさんの観客に来ていただき、翻訳者の柴田元幸さんのアフタートーク、エドワード・ゴーリー関連の全書籍販売など、本公演にふさわしい充実した内容になりました。

 その2ヶ月後、香港から一通のメールが届きました。シアターΧ公演を視察していた児童演劇フェスティバルの関係者の方からのもので、「the bicycle」を香港の子ども達に演じてほしいという内容でした。

 嬉しさ半分、戸惑い半分。この作品は大人向けであると信じて疑っていなかったもので、どのように答えれば良いのか正直迷いました(無声劇などの作品の様式もそうですし、「不幸な子供」の結末を知る者としては、子どもに観てもらって大丈夫かという不安は真っ当でしょう)。視察された方と直接お話しがしたくて、香港まで演出家が出向いたりもしました。結果、演出スタイルを大きくは変えずに(字幕は広東語にしましたが)、「小学生から大人対象」として公演することが決定しました。
その他注意事項
スタッフ 原作   エドワード・ゴーリー
        「優雅に叱責する自転車」「不幸な子供」(河出書房新社刊)
美術   吉澤亜由美
音楽   やなせけいこ(優雅に叱責する自転車)/佐藤謙一(不幸な子供)
音響   佐藤謙一
人形機構  中村孝男
舞台監督  西上寛樹
チラシデザイン  池田進吾(67)
制作   半谷邦雄・木俣かおり

[情報提供] 2010/07/27 21:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/11/29 15:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大