演劇

テアトル・エコー SIDE B公演

テアトル・エコー創作戯曲募集 2009年度入選佳作作品

演劇

テアトル・エコー SIDE B公演

「時苦想パズル」

テアトル・エコー創作戯曲募集 2009年度入選佳作作品

テアトル・エコー

恵比寿・エコー劇場(東京都)

2010/07/29 (木) ~ 2010/08/04 (水) 公演終了

上演時間:

夫婦って? 親子って? 家族って?
そこに流れる不思議な時間とは?

 舞台はどこにでもありそうな団地のリビング。証券会社の営業マンである桂木勇治は、いつも通り仕事を終えて帰宅する。家には彼の愛する家族、妻と3歳になる娘が待っているはずだった。ところが、そこに居たのはバスタオル一枚を纏っ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/29 (木) ~ 2010/08/04 (水)
劇場 恵比寿・エコー劇場
出演 熊倉一雄、石津彩、入江崇史、小宮和枝、浜野基彦
脚本 石川栄一
演出 熊倉一雄
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】
料金(全席指定):前売 4,000円 当日 4,500円
☆初日割引 3,000円 学割 3,000円
サイト

http://www.t-echo.co.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 夫婦って? 親子って? 家族って?
そこに流れる不思議な時間とは?

 舞台はどこにでもありそうな団地のリビング。証券会社の営業マンである桂木勇治は、いつも通り仕事を終えて帰宅する。家には彼の愛する家族、妻と3歳になる娘が待っているはずだった。ところが、そこに居たのはバスタオル一枚を纏った見た事の無い若い女。女はここ、302号室に住むのは「桂木家」ではなく「秋山家」だと主張する。何と彼女は3歳のはずの勇治の娘だった。勇治が帰宅する一瞬に、何故か25年が過ぎていたのだ。愛する妻は、既に再婚し、新しい家族を築いていた。これは「時間」に翻弄される主人公・勇治とその家族の物語。

<テアトル・エコー創作戯曲募集2009年度入選佳作作品>
その他注意事項
スタッフ 装置:大田 創 照明:日高舞台照明 音響:小宮聖子 
衣裳:山田靖子 舞台監督:上間幸徳 演出助手:平野智子
宣伝美術:市川きよあき事務所 制作:「時苦想パズル」制作委員会

[情報提供] 2010/07/21 08:11 by アキラ

[最終更新] 2010/08/08 22:32 by アキラ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大