sons wo:

atelier SENTIO(東京都)

2010/10/08 (金) ~ 2010/10/11 (月) 公演終了

上演時間:

sons wo: 次回公演は、
小説か詩とも呼べるようなテキストを
複数人数の俳優で共有して読み、
イメージに遊びます。
なんということのない身体が、
悪夢のようにあやういイメージに
ちらつき、きえてしまうさま、
きっと街のいたるところにある、
あの、人間を演劇にかりたてた
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/08 (金) ~ 2010/10/11 (月)
劇場 atelier SENTIO
出演 さいとう篤史、佐藤可奈子(創造工房infrontof.)、塩瀬篤也(負味)、薗田剛(ガロイン)、伴雅哉(ガロイン)、田中香(時限拳銃)、原田シェフ(ヲカシマシン)、藤村和樹(てあとろ50’)、カゲヤマ気象台、垣本朋絵(激情コミュニティ)、金子侑加(ブラックエレベータ)、北川未来
脚本 カゲヤマ気象台
演出 カゲヤマ気象台
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】2010/09/01
前売り 1800円
当日 2000円
学生 1500円(要学生証)

公開リハーサル 1000円
サイト

http://sonswo.web.fc2.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 sons wo: 次回公演は、
小説か詩とも呼べるようなテキストを
複数人数の俳優で共有して読み、
イメージに遊びます。
なんということのない身体が、
悪夢のようにあやういイメージに
ちらつき、きえてしまうさま、
きっと街のいたるところにある、
あの、人間を演劇にかりたてた
抽象思考の萌芽の雰囲気、
それに、もはや埋もれてしまったけど
どこかに起きている、掌握できない衝動、
そういったものと結びつきながら
あそびあそびあそんで終わるような、
つまり子供の遊びこそが根源的だ……
そんな演劇が理想だという
別のことばで言うと、

世界をなるたけ透徹に見ようとする、
つまり、あの日暮れゆくビル群に立つカネゴン(もしくはメトロン星人)の姿を
顕現させようと努力するとき、
それこそが演劇になる気がしてならないのだ。
ああああちいさいころ埋めたテープレコーダーのなかの声に答えがあった
あああああ

twitter→@sonswo
その他注意事項 お問い合わせ/ご予約
sonswo@gmail.com

チケット予約を希望される方は、
お名前/観劇希望日/枚数/連絡先
を明記して、上記アドレスまでメールしてください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
スタッフ 音響・美術:米屋町少年遊撃隊
音響操作:岡田まりあ(劇団森)
照明・制作:綿貫美紀(劇団森)
当日運営:金山梨花(てあとろ50')

[情報提供] 2010/07/05 18:54 by カゲヤマ気象台

[最終更新] 2010/10/19 22:38 by カゲヤマ気象台

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

さいとう

さいとう(8)

『イメージに遊びます。』この言葉に素直になれればと思います。

ミキ

ミキ(1)

どこに行くのか、きになります

カゲヤマ気象台

カゲヤマ気象台(1)

脚本 演出 音響

ぼくらの怪獣に期待する場所、建物の隙間に見えるもの、そ...

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大