人形劇団プーク

プーク人形劇場(東京都)

2010/10/10 (日) ~ 2010/11/23 (火) 公演終了

休演日:参照 http://www.puk.jp/kouen.htm

上演時間:

『くまの子ウーフ』
ぼくはくまの子。
うーふーってうなるから、名まえがウーフ。
あそぶのが大好き。なめるのと食べるのが大好き。
それから、いろいろな事を考えるのもね…。

雪どけがはじまりました。春、ウーフが目をさましました。穴の外はまるで別世界。やさしくふりそそぐ木もれ日に、まわ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/10 (日) ~ 2010/11/23 (火)
劇場 プーク人形劇場
出演 岡本和彦、早川百合子、安尾芳明、佐藤文子、山越美和
脚本 安尾芳明、星野毅
演出 井上幸子、岡部久義
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 3000円(消費税142円含)
団体(15名様以上) 2000円 
友の会会員・家族同伴は2400円(その他同伴は2700円になります)
全自由席 3歳以上均一 65歳以上割引あり
サイト

http://www.puk.jp/kouen.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『くまの子ウーフ』
ぼくはくまの子。
うーふーってうなるから、名まえがウーフ。
あそぶのが大好き。なめるのと食べるのが大好き。
それから、いろいろな事を考えるのもね…。

雪どけがはじまりました。春、ウーフが目をさましました。穴の外はまるで別世界。やさしくふりそそぐ木もれ日に、まわりは金色に輝いてみえます。目に映るすべてのものは、ふしぎがいっぱい。ウーフはうーふーとため息をつき外に飛び出ます。
 ユーモア、そして、時に幼い悲しみもあるウーフの「不思議」の世界が、みている皆さんに生き生きと伝えられることでしょう。


『小坊主ずいてん』
北の山奥のお寺に“ずいてん”という小坊主が修行をしていました。ある日、和尚さんが出かけた静かな夜、どこかで「ずーいてん」と呼ぶ声がします。はて、こんな夜ふけに・・・。
 山寺の元気な小坊主ずいてんと、いたずらが大好きなきつねのコンがまきおこす、素朴で明るいユーモアいっぱいの舞台です。
その他注意事項
スタッフ 『くまの子ウーフ』
原作/神沢利子(ポプラ社刊)
脚色/安尾芳明
演出/井上幸子
人形美術/宮本忠夫
装置/川口 新
音楽/マリオネット(湯浅 隆・吉田剛士)
音響効果/伊藤美幸
舞台監督/岡本和彦


『小坊主ずいてん』
作/斎藤隆介「ずいてん」より(新日本出版社刊) 
脚色/星野 毅
演出/長谷詔夫 
人形美術/岡部久義 
装置/斉藤英一 
音楽/長沢勝俊
音響効果/中出隆史
舞台監督/岡本和彦

[情報提供] 2010/07/05 13:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/07/05 13:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大