演劇

秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場公演

秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2010/09/04 (土) ~ 2010/09/12 (日) 公演終了

上演時間:

1951年、瀬戸内の小島。
広島で被爆し九死に一生を得た栗原学は、
教師の仕事を続けながら将来のことを思い悩む。
朝鮮戦争の軍需景気に支えられている島の生活。
同僚や、東京で働く同級生の言葉。
そして教え子の存在…。

1957年に劇団民藝で上演され大きな反響を呼んだ傑作を、
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/04 (土) ~ 2010/09/12 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 上甲まち子、藤木久美子、吉村直、北直樹、崎山直子、清原達之、渡辺尚彦、ほか
脚本 堀田清美
演出 藤井ごう
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,300円
【発売日】2010/07/05
[全席指定]  一般5,000円 U30(30歳以下)3,000円
※当日券は各¥300増
サイト

http://www.seinengekijo.co.jp/frame.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1951年、瀬戸内の小島。
広島で被爆し九死に一生を得た栗原学は、
教師の仕事を続けながら将来のことを思い悩む。
朝鮮戦争の軍需景気に支えられている島の生活。
同僚や、東京で働く同級生の言葉。
そして教え子の存在…。

1957年に劇団民藝で上演され大きな反響を呼んだ傑作を、
『修学旅行』でほとばしるエネルギーを吹き込んだ
藤井ごう氏が、現代(いま)、さわやかに描き出す!

◎第4回(1958年)岸田國士戯曲賞受賞作品
その他注意事項
スタッフ 美術=石井強司
照明=和田東史子
音響効果=近藤達史
衣裳=宮岡増枝
方言指導=大原穣子
宣伝美術=atelierKINOcoinc.
舞台監督=青木幹友
製作=川田結子

[情報提供] 2010/07/05 12:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/09/14 09:48 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大