あいちトリエンナーレ2010実行委員会

愛知県芸術劇場 小ホール(愛知県)

2010/09/24 (金) ~ 2010/09/26 (日) 公演終了

上演時間:

本作は、チェルフィッチュの特徴とされてきた、「ダラダラとした若者言葉とノイジーな身体」という表現方法から自由になり、表象行為の在りようを根本から更新するために試行を繰り返しながら、演劇の新たな地平を目指したプレビュー『わたしたちは無傷な別人であるのか?』を経て、さらなる完成版としてあいちトリエ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/24 (金) ~ 2010/09/26 (日)
劇場 愛知県芸術劇場 小ホール
出演 武田力、山縣太一、松村翔子、安藤真理、青柳いづみ、矢沢誠、佐々木幸子
脚本 岡田利規
演出 岡田利規
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/05/21
一般 3,000円
学生 2,000円
サイト

http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/-chelfitsch.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 本作は、チェルフィッチュの特徴とされてきた、「ダラダラとした若者言葉とノイジーな身体」という表現方法から自由になり、表象行為の在りようを根本から更新するために試行を繰り返しながら、演劇の新たな地平を目指したプレビュー『わたしたちは無傷な別人であるのか?』を経て、さらなる完成版としてあいちトリエナーレにて世界初上演されるものである。この時代における「幸福」とは何かというテーマのもと、格差社会の見えにくい現実を、平易なテキストと、おざなりな表象行為を排した身体によって浮き彫りにする。

岡田利規が全作品の脚本と演出を担当する演劇ユニットとして1997年に設立。チェルフィッチュ(chelfitsch)とは、自分本位という意味の英単語セルフィッシュ(selfish)が、明晰に発語されぬまま幼児語化した造語。07年KUNSTENFESTIVALDESARTS2007(ベルギー)にて『三月の5日間』(第49回岸田國士戯曲賞受賞作品)が初めての国外進出を果たす。その後も、09年10月HAU劇場(ベルリン)との共同製作で『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』を世界プレミア上演するなど、現在ではアジア、欧州、北米にて海外招聘多数。 http://chelfitsch.net

その他注意事項 公演終了後、アフタートークを開催予定。
スタッフ

[情報提供] 2010/07/04 22:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/08/20 22:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大