あいちトリエンナーレ2010実行委員会

愛知県芸術劇場 小ホール(愛知県)

2010/09/11 (土) ~ 2010/09/12 (日) 公演終了

上演時間:

自身の作品では振付・ダンスのみならず映像・音・照明デザインまで担う梅田宏明。錯覚をテーマにした『Adapting for Distortion』は日本初演。色に焦点をあてた『Haptic』は、光を目に触れる物質として扱ったというパフォーマンス。また、同テーマで美術的な側面からアプローチを試みた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/11 (土) ~ 2010/09/12 (日)
劇場 愛知県芸術劇場 小ホール
出演 梅田宏明
演出 梅田宏明
振付 梅田宏明
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/05/21
一般 3,000円
学生 2,000円
サイト

http://aichitriennale.jp/artists/performing-arts/hiroaki-umeda.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 自身の作品では振付・ダンスのみならず映像・音・照明デザインまで担う梅田宏明。錯覚をテーマにした『Adapting for Distortion』は日本初演。色に焦点をあてた『Haptic』は、光を目に触れる物質として扱ったというパフォーマンス。また、同テーマで美術的な側面からアプローチを試みたインスタレーションを納屋橋会場のボウリング場跡地において発表する。

2002年に発表した『while going to a condition』がフランスのRencontres Choregraphiques Internationalsのディレクターであるアニタ・マチュー氏に評価され、同フェスティバルで公演。2007年にフランスのシャイヨー国立劇場との共同制作である『Accumulated Layout』を発表。その後ヨーロッパを中心に世界各地の主要フェスティバル・劇場に招聘されており「振付家、ダンサーというよりVisual ArtistでありMoverである」と評価され、ダンス以外の分野からも受け入れられている。

その他注意事項 公演終了後、アフタートークを開催予定
スタッフ

[情報提供] 2010/07/04 22:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/07/04 22:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大