演劇

第1237回 札幌市民劇場 / 創立50周年記念公演 第1弾

二人の長い影

劇団新劇場

札幌市こどもの劇場・やまびこ座(北海道)

2010/09/03 (金) ~ 2010/09/05 (日) 公演終了

上演時間:

 
私は恋をしていた。十七歳だった。

昭和20年8月。旧満州との国境の近く。
ロシアのウラジオストックもそう遠くない朝鮮の町。
当時、郵便局に勤務していた久美子は、坂崎真吾という陸軍少尉と知り合い
将来の愛を誓い合う。しかしその直後、突如ソ連軍が国境を越えて侵入。
戦争が、二人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/03 (金) ~ 2010/09/05 (日)
劇場 札幌市こどもの劇場・やまびこ座
出演 斎藤和子、斉藤誠治、武田有加、栗原聡美、星野晃之、山根義昭、高橋みま、吉田輝志子、安藤抄弥、小川貴大
脚本 山田太一
演出 多海本泰男
料金(1枚あたり) 500円 ~ 2,000円
【発売日】
大人 2000円
中高生 1000円
小学生 500円
サイト

http://home.att.ne.jp/sun/singeki/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  
私は恋をしていた。十七歳だった。

昭和20年8月。旧満州との国境の近く。
ロシアのウラジオストックもそう遠くない朝鮮の町。
当時、郵便局に勤務していた久美子は、坂崎真吾という陸軍少尉と知り合い
将来の愛を誓い合う。しかしその直後、突如ソ連軍が国境を越えて侵入。
戦争が、二人を引き裂いていく。

終戦を迎えても、壮絶な体験をへて本土へ引き揚げてきても、
久美子は真吾と再会することはなかった。やがて 「久美」 として結婚。
だが、その悲しい過去は夫にも知人にも決して話すことがなかった。

そして、58年という歳月が流れた或る日、久美の家に一本の電話がかかってきた。
受話器越しに響いたその声に久美は・・・
その他注意事項 [公演日程]
2010年 9月3日 (金) 19:00
2010年 9月4日 (土) 14:00 / 19:00
2010年 9月5日 (日) 14:00
※開場は開演の30分前です
スタッフ 装置: 福田恭一 (FUKUDA舞台)
照明: 赤山悟 (ほりぞんとあーと)
音響: 西野輝明 (SOUND・N)

衣裳: 斎藤和子
小道具: 斉藤誠治
舞台監督: 広光洋一 (劇団新芸)

宣伝美術: 三浦舞
制作: 山根義昭

[情報提供] 2010/06/27 03:25 by はこP

[最終更新] 2010/06/27 03:35 by はこP

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大