トム・プロジェクト

赤坂RED/THEATER(東京都)

2010/09/28 (火) ~ 2010/10/03 (日) 公演終了

上演時間:

戦後の時代をたくましく生きた人達をユーモアたっぷりに描く、おかしくも切ない悲喜劇。劇中、登場人物たちは繰り返す。あの戦争を進めた日本人は「愚か」で「あんぽんたん」だったと。戦争の傷跡を持つ男女4人のしたたかさが現代にどう映るのか。作・演出は劇団桟敷童子を主宰する東憲司。その作品の多くは、出身地...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/28 (火) ~ 2010/10/03 (日)
劇場 赤坂RED/THEATER
出演 川島なお美、冨樫真、大西多摩恵、真山章志
脚本 東憲司(劇団桟敷童子)
演出 東憲司(劇団桟敷童子)
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.tomproject.com/works/houzuki10.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 戦後の時代をたくましく生きた人達をユーモアたっぷりに描く、おかしくも切ない悲喜劇。劇中、登場人物たちは繰り返す。あの戦争を進めた日本人は「愚か」で「あんぽんたん」だったと。戦争の傷跡を持つ男女4人のしたたかさが現代にどう映るのか。作・演出は劇団桟敷童子を主宰する東憲司。その作品の多くは、出身地である福岡を舞台に、自分の過去や社会に対して傷を持つ者が、その出来事に対面し、それでも生きていくという普遍的なテーマを持っている。ウェットな作風でありながら、ラストはダイナミックな大仕掛けの演出により「生」への渇望みなぎる力強い東の作品は、世代を超えて幅広い支持を受けている。今回はいつもの大仕掛けを封印し、人間の心の葛藤に焦点をあて掘り下げた。新たな新境地を開いた作品である。
【あらすじ】
戦後間もない1946年、多くの引き揚げ者であふれていた博多の街。復員してきた松尾大吉が妻・弥生の元に帰ると、そこには二人の女・番場と小梅が居候していた。弥生たちは大吉が死んだものと思い込み、既に葬式も済ませていた。さらに弥生が本当に待っていたのは戦争のどさくさで結婚してしまった大吉ではなく、番場の息子・裕介だったことが判明する。鬼灯に囲まれたその家で、大吉、弥生、番場、小梅はそれぞれの思いを抱えながら共同生活を始めるのだった…。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/06/11 14:12 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/01 21:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大