アンスティチュ・フランセ東京

横浜赤レンガ倉庫1号館(神奈川県)

2010/06/20 (日) ~ 2010/06/20 (日) 公演終了

上演時間:

ヨーロッパを中心に活躍する、新進気鋭の振付家によるコンテンポラリー・ダンス公演。
コミカルで奇天烈、でも愛さずにはいられない登場人物「人魚」を演じるのは、フランス在住スペイン人振付家、マルタ・イスキエルド。一方、ジョン・ケージの哲学エッセー「無についてのレクチャー」の世界観を、身体をつかって...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/20 (日) ~ 2010/06/20 (日)
劇場 横浜赤レンガ倉庫1号館
出演 マルタ・イスキエルド、ほか
演出 フランソワ・グリポー
振付 フランソワ・グリポー
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】
会員:2,000円(当日2,500円)
一般:3,000円(当日3,500円)
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/9814

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ヨーロッパを中心に活躍する、新進気鋭の振付家によるコンテンポラリー・ダンス公演。
コミカルで奇天烈、でも愛さずにはいられない登場人物「人魚」を演じるのは、フランス在住スペイン人振付家、マルタ・イスキエルド。一方、ジョン・ケージの哲学エッセー「無についてのレクチャー」の世界観を、身体をつかって謳い上げるフランス人振付家、フランソワ・グリポー。ふたりの強烈な個性がお楽しみいただける、贅沢で刺激的なダンスプログラムです。


作品紹介
「33min.plus ou moins... 33分前後…」
ジョン・ケージの著名なテキスト「無についてのレクチャー」を扱ったパフォーマンス作品。フランソワ・グリポーの身体が、テキストの言葉のリズムにのってほとばしる。今回の横浜公演に合わせて制作されたステファン・ポヴレのイントロダクション・ビデオが、ケージのポエジーに対するもうひとつの解釈を加える。

「Sirène 人魚」
「この小さな人魚に、わたしは一人の人間の姿を見ます。自分の欲するものをひたすら追い求め、求めるものが自分に値していないことが見えない人間の姿を。彼女は絶望して傷つき、常に愛されたいと思っている。アンデルセンの童話とは違って、私の作品の人魚は海には戻らず、天空にも行かず、地上に残り愛のない人生を受け入れる。というのも、アンデルセンの元の童話は道徳的ですが、私はむしろそこから残酷さを表現したかったから。こどもたちに童話を話すときは、物事の善悪を示すためと考えられていますが、童話の残酷さが与える痛みを、わたしたちはどうするのかということに関心があったからです。」

その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/06/10 09:12 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/10 09:14 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大