演劇

nostalgia

<彼>と旅をする20世紀三部作 #1

維新派

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

他劇場あり:

2008/02/02 (土) ~ 2008/02/03 (日) 公演終了

上演時間:

1908年、ブラジルへの移民船、笠戸丸。日本人少年ノイチは、ポルトガル移民のアンと恋に落ちる。成長したノイチは、ある日遇発的に人を殺してしまう。

ブラジルを離れることとなったノイチは、アンと先住民のチキノをつれて、南米中を転々とする。

放浪の過程で、日本人排斥運動やクーデターに巻き...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/02/02 (土) ~ 2008/02/03 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演
脚本 松本雄吉
演出 松本雄吉
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 5,500円
【発売日】2007/12/03
S席5000円 A席4500円(全席指定・当日券各500円UP)
サイト

http://www.ishinha.com/nostalgia/SP/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1908年、ブラジルへの移民船、笠戸丸。日本人少年ノイチは、ポルトガル移民のアンと恋に落ちる。成長したノイチは、ある日遇発的に人を殺してしまう。

ブラジルを離れることとなったノイチは、アンと先住民のチキノをつれて、南米中を転々とする。

放浪の過程で、日本人排斥運動やクーデターに巻き込まれ、散り散りになってしまったノイチたち。彼らは再び出会うことはできるのだろうか。
その他注意事項
スタッフ 音楽:内橋和久
美術:黒田武志(sandscape)
映像製作:高岡茂(スタジオデルタ)
撮影:岩爪勝
照明:三浦あさ子
音響:松村和幸(Kazuyuki Matsumura a.k.a ZAK)・move
舞台監督:大田和司
SE:佐藤武紀
衣裳:中嶋佑一・維新派
メイク:名村ミサ・松村妙子
ウェブ製作:中川裕司(house-A)
写真:福永幸治(スタジオ・エポック)
宣伝美術:東學(188)
宣伝文:村上美香(188)
制作:山崎佳奈子・清水翼
制作協力:高岡茂・小掘純・安藤光夫・野平久志

[情報提供] 2007/04/08 15:47 by 華崎

[最終更新] 2012/05/18 05:59 by つばさ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大