演劇

劇団 東京あたふた 第12回公演

ファミレスが海賊でバックステージ

東京あたふた

銀座小劇場(東京都)

2009/11/21 (土) ~ 2009/11/23 (月) 公演終了

上演時間:

嵐。深夜のファミレス。
かつて大学の演劇サークルでセイシュンを共にしたアラフォー男三人。

「僕もねぇ、会社に行けばそこそこ忙しい訳だよ。『課長、課長』と言われる訳だよ。」
三流劇団のために、とある海賊の物語を執筆中の脚本家ナンド。
その三流劇団を陰で支える実力者で、脚本完成の見届け...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/11/21 (土) ~ 2009/11/23 (月)
劇場 銀座小劇場
出演 江刺喜政、Qui-Ta、堀真幸、岩井正宣、小島みのり、多比良岳史
脚本 中出貴也
演出 羽田野真男
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,500円
【発売日】
前売2300円、当日2500円(全席自由・先着順入場)
サイト

http://www2u.biglobe.ne.jp/~atafta/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 嵐。深夜のファミレス。
かつて大学の演劇サークルでセイシュンを共にしたアラフォー男三人。

「僕もねぇ、会社に行けばそこそこ忙しい訳だよ。『課長、課長』と言われる訳だよ。」
三流劇団のために、とある海賊の物語を執筆中の脚本家ナンド。
その三流劇団を陰で支える実力者で、脚本完成の見届け役であるアマノ。
劇団の秘密兵器と呼ばれながら、今は芝居を離れている「エスパー」と呼ばれる男。
互いの近況、下ネタ、ミニコント。音信不通になった仲間の思い出…。

嵐。荒れ狂う海。
ドレーク船長率いる海賊船ハインド号。

「我の名はフランシス・ドレーク。この海の支配者、フランシス・ドレークだ!」
世襲海賊のドレーク船長。プチインテリのバール参謀。
「最近のガキにしてはまだ使える方」の下っぱロワ。
ドレークと海を二分して争う女海賊ジャック。
その日捕獲した貨物船に一人取り残されていた女、アマランタが   
英雄ではなく悪魔を目指したドレークの人生の歯車を狂わせる。

あるファミレスの一夜と、そこで生み出される物語世界を交錯させながら、
誰もが奪う者であり、かつ守る者でもある人間の業を描く。

かつて海賊だった、
今でもやっぱり海賊な、
いつか海賊になりたいと願う、
全てのひとに贈るポストセイシュン賛歌!
その他注意事項
スタッフ 舞台美術  江平朝子(欲深企画)
照明    pl.すずきこーた(演劇デザインギルド)
      op.村雲麻衣
音響     pl.羽田野真男
      op.長山雄作
舞台監督  木内鉄也
小道具   稲葉谷美穂
衣裳    佐藤絵美
宣伝美術  江平朝子(欲深企画)
制作    欲深企画
      太田尾暁子

[情報提供] 2010/06/06 23:35 by エヒラ@東京あたふた

[最終更新] 2010/06/06 23:46 by エヒラ@東京あたふた

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

はま

はま(0)

今はなき銀座小劇場での公演でした。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大