演劇

Elephant Talk 2010夏・本公演

誘拐には、誘拐を。

Elephant Talk

in→dependent theatre 1st(大阪府)

2010/07/02 (金) ~ 2010/07/04 (日) 公演終了

上演時間:

ある田舎村の廃屋に身を潜める家族。かつて幼い娘を誘拐されて以降、人生の歯車が狂いだし、どん底の生活に陥った一家が、今度は自ら誘拐犯として二人の少女を拉致していた。
それは社会への復讐?ただのやけくそ?多分・・・ただのやけくそ。
そこへ廃屋の持ち主の老婆が、続いてピザ屋までもが乱入し、誘拐の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/02 (金) ~ 2010/07/04 (日)
劇場 in→dependent theatre 1st
出演 若宮藍子、土肥順一、畠中歳雄
脚本 佐々木大輔
演出 佐々木大輔
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】
前売  2,000円 /当日  2,500円 (日時指定・全席自由席
サイト

http://elephanttalk.art.officelive.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ある田舎村の廃屋に身を潜める家族。かつて幼い娘を誘拐されて以降、人生の歯車が狂いだし、どん底の生活に陥った一家が、今度は自ら誘拐犯として二人の少女を拉致していた。
それは社会への復讐?ただのやけくそ?多分・・・ただのやけくそ。
そこへ廃屋の持ち主の老婆が、続いてピザ屋までもが乱入し、誘拐の輪は広がっていく。何処までが本気なのかも分からないグダグダさの中で、それぞれに欠けた家族たちは、痛みと悲しみを抱く。
やがて、明らかになる重大な事実。運命の皮肉を前に誘拐犯家族は、被害者家族は、巻き込まれ老婆は、どんな結末を迎えるのか?
全ての家族へ、やがては家族となる人々へ贈る、絆と再生の物語。
その他注意事項 *受付・開場は開演時間の30分前。受付開始と同時に開場いたします。
* 未就学児童のご入場は不可
スタッフ 舞台監督    谷本 誠 (CQ) 
照  明     西山 茂 (LIGHTING D/BLUE)
音  響     Alain Nouveau  
美  術     佐野 泰広 (CQ)  
制  作     武内 奈緒 (劇団赤鬼) 

[情報提供] 2010/05/25 16:47 by らんこ

[最終更新] 2010/07/05 08:45 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大