演劇

FICTION project mtu/watu vol.1

世界のはじまり

FICTION

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(神奈川県)

2010/05/29 (土) ~ 2010/05/30 (日) 公演終了

上演時間:

見えているものを見えているように、というか、ぼくらのまわりのそこらの全部を舞台にのせたいと思い、それはまあいつもそうなのですが、だけど今回のは、貧しいぼくの頭の中と、ぼくのよく知っている人たちとだけ、というのではなく、道ですれ違ったり、駅で前に立っている人たち、というのに近い人たちじゃなきゃ「...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/29 (土) ~ 2010/05/30 (日)
劇場 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
出演 mtu/watu参加者
脚本 参加者一同と山下澄人
演出 山下澄人
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】2010/04/29
前売・当日とも
サイト

http://www.fiction.gr.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 見えているものを見えているように、というか、ぼくらのまわりのそこらの全部を舞台にのせたいと思い、それはまあいつもそうなのですが、だけど今回のは、貧しいぼくの頭の中と、ぼくのよく知っている人たちとだけ、というのではなく、道ですれ違ったり、駅で前に立っている人たち、というのに近い人たちじゃなきゃ「豊かなそれ」に近づいていかないと思い、出てる人たちにはとても失礼だけど、何ひとつ選びもせず、とにかくその試みに何となくの気分で飛び込んできてくれた人たち、俳優をやってますというフリーターや、ただのフリーター、30半ばで大学教授の親のスネを齧り倒す人、無名のたぶんダンサー、笑顔のかわいい体の大きな脚本家のたまご、男前、音楽をやっている大学生、保育士、契約社員、携帯もパソコンも持ってない謎の人、何もしてない人 、スネ夫にそっくりな人、子供、孤高のピアニスト、といういつものFICTION というバンドとは違う編成で、FICTION のメンバーも参加しますが、とにかくいつもと違う音を出したいからそんな編成で、台本も何も用意せず、手ぶらで、その人たちにしかできないことを目を皿のようにして探して、そこから全体を考えて、最後に台本を作ってというまあ横着なぼくにはそもそもぴったりというか、外から見たら無謀な試みというか、無謀な作品というか、作品を目指しました。川崎市アートセンターの強力な協力を受けて。だからといってあくまでもバンマス( バンドマスター) はぼくで、そのぼくのすることですから、頭のよい人にとってはなかなか興味深いけど、ぎりぎり高卒のぼくのようなものにはおもしろくない、という「知的なだけ」なものじゃつまらないとは思っていて、だけどまあすべてははじめてのことで、もしかしたら「はあ?」感満載なのかもしれませんし、「はあ?」だけで終わるのかもしれませんが、まあでも、そこらのたくさんの金のかかった、大勢の人が「おもしろーい。どんなか忘れたけど」というチンカス芝居( チンカスの意味がわからない人は自分で調べてください) の1000倍はおもしろいことだけは、何もまだ手元にないのに断言できます。1000倍おもしろいのに、切符は1000円。すごいでしょ。すごいんですよ。そこだけはもうこのじてんで。

mtu/watu 発起人 山下澄人
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/05/23 17:45 by pin*07*2pi*l*t

[最終更新] 2010/05/23 17:49 by pin*07*2pi*l*t

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

tomocomoco

tomocomoco(33)

さんかしゃです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大