演劇

第四回岸田理生アバンギャルドフェスティバル参加公演

演劇

第四回岸田理生アバンギャルドフェスティバル参加公演

解体新書2010

d’Theater

こまばアゴラ劇場(東京都)

2010/06/19 (土) ~ 2010/06/20 (日) 公演終了

上演時間:

人間の躰には暗闇がある。その穴に墜ちてゆくのは自分だ!

「すべての源の内部でゲンナイだ」と名乗る男、ゲンナイが出島で見たものは?

1978年4月、哥以劇場第二回公演として麻布十番の天井桟敷館で上演された、江戸時代を舞台にした岸田理生の幻の作品(第4作)が、32年の時の流れを越えて、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/19 (土) ~ 2010/06/20 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 吉富睦、とりいちえ、堀田俊、花岡ゆか、小寺陽太、大山奈津、橘龍希、山本真理奈、加藤統、古徳純一、稀莉果、木ノ下紘、時任みなみ、稲田琢
脚本 岸田理生、小松杏里
演出 小松杏里
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売・予約/3000円
当日/3500円

(※)整理番号の発行は開演1時間前、開場は開演の20分前です。
(※)前売・予約のお客様の入場が優先となります。
(※)日時指定自由席。
サイト

http://dtheatersite.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人間の躰には暗闇がある。その穴に墜ちてゆくのは自分だ!

「すべての源の内部でゲンナイだ」と名乗る男、ゲンナイが出島で見たものは?

1978年4月、哥以劇場第二回公演として麻布十番の天井桟敷館で上演された、江戸時代を舞台にした岸田理生の幻の作品(第4作)が、32年の時の流れを越えて、今、蘇る!

その公演に照明として参加、さらに第三回公演『捨子物語』にも出演した小松杏里と、岸田理生の初の本格的コラボレーション『解体新書2010』、御期待下さい!
その他注意事項
スタッフ 作 = 岸田理生
脚本・演出・美術・照明 = 小松杏里
音響 = 高沢雅人
舞台監督 = 清水ベン
演出助手 = 加藤統・山本真理奈
制作 = 西山陽子

協力 = 河崎ヨシカズ・成田ひらく・千秋夕・内山次音・尾崎卓也・梅田ゆうと・野見山修・理生さんを偲ぶ会・ドワンゴクリエイティブスクール
助成 = 芸術文化振興基金

[情報提供] 2010/05/13 10:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/20 23:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大