演劇

演劇祭KOCHI2007~ゴーゴー!ゴダイサン2~

演劇集団S.T.H.&劇団MAC 合同公演

演劇

演劇祭KOCHI2007~ゴーゴー!ゴダイサン2~

いかけしごむ

演劇集団S.T.H.&劇団MAC 合同公演

演劇集団S.T.H

五台山竹林寺(高知県)

2007/04/12 (木) ~ 2007/04/15 (日) 公演終了

休演日:4/13(金)

上演時間:

夜の公園で偶然であった男と女。男は自分を「イカを原料とした消しゴム、“いかけしごむ”を発明した発明家である」と断言する。女が繰り返し口にする「リアリズムの世界」での、その男は、妻に逃げられ、子殺しを犯した末、警察から逃げ回っている。互いのリアリズムが交差し、物語は意外な終焉を迎える。現実を語っ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/04/12 (木) ~ 2007/04/15 (日)
劇場 五台山竹林寺
出演 いのうえたくみ、畠中昌子、行正忠義
脚本 別役実
演出 藤岡武洋
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】
【高校生以下】 前売1,000円 当日1,500円
【一般】 前売1,500円 当日2,000円
【いかけしごむ+おつげ通し券】 2,500円
◆会場は本坊客殿
サイト

http://www3.to/macdesuyo

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 夜の公園で偶然であった男と女。男は自分を「イカを原料とした消しゴム、“いかけしごむ”を発明した発明家である」と断言する。女が繰り返し口にする「リアリズムの世界」での、その男は、妻に逃げられ、子殺しを犯した末、警察から逃げ回っている。互いのリアリズムが交差し、物語は意外な終焉を迎える。現実を語っているのはどちらなのだろうか。


「女」から一言
先日初めて検査をしたら花粉アレルギーだと判明しました。春は素敵な季節です。せっかくなのでこれから暫くの間芝居と鼻水とくしゃみにまみれる決心をしました。鼻水をキラキラ振り撒きながら稽古稽古の春が来ます。
その他注意事項 4/14(土)終演後、ポストパフォーマンストーク開催


観劇ラリー完走指定作品
わくわくワンコイン対象作品
スタッフ 【音響】中村潤一郎、西森弘毅(air.)
【照明】齊藤啓(鳥の劇場)、濱田善久(日高喜楽座)
【装置】グリーンルーム
【イラスト】奥田剛(創って画ッハッハ)
【制作】西村和洋、岡村実記、西森由希、池田早織、竹田久美、藤岡春菜、森部功一


【協力】高知演劇ネットワーク演会、高知県立美術館、五台山竹林寺

[情報提供] 2007/04/03 12:00 by ゆき

[最終更新] 2007/04/12 09:56 by ゆき

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大