演劇

朗読劇

モスリラ

ナノスクエア

神楽坂セッションハウス(東京都)

2010/07/16 (金) ~ 2010/07/19 (月) 公演終了

上演時間:

人と人の出会いほど怪しげなものはない。また、人と人の別れほど謎めいたものもない。彼(彼女)でなければならないような気もするし、彼(彼女)でなくてもよかったような気もする。どんなに激しく抱きしめあっても、人と人は溶け合わない。

山根アキラは、少年時代に亡くした母親の死の謎を追ううちに、森...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/16 (金) ~ 2010/07/19 (月)
劇場 神楽坂セッションハウス
出演 阿部よしつぐ、植野堀まこと、桑原裕子(KAKUTA)、佐藤美貴、田中壮太郎、松風雅也、松下恵、宮原将護、村田充
脚本 林竜之助
演出 林竜之助
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 4,200円
【発売日】2010/05/16
前売・当日共 ¥4,200(税込、ワンドリンク付)
サイト

http://www.nano-square.com/moss2/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人と人の出会いほど怪しげなものはない。また、人と人の別れほど謎めいたものもない。彼(彼女)でなければならないような気もするし、彼(彼女)でなくてもよかったような気もする。どんなに激しく抱きしめあっても、人と人は溶け合わない。

山根アキラは、少年時代に亡くした母親の死の謎を追ううちに、森村なつきと出会い、恋に落ちる。どこか気質の似通った二人の仲は次第に深まって行く。そんなある日、森村は小学校の同窓会に出かけ、15年ぶりに、同級生の和田守に再会する。しかし、彼女は、当時和田と交わしたある約束を覚えてはいなかった……。つい昨日まで、ばらばらの人生を送っていたはずの三人が出会い、そして、別れる。あとには、聞いたことのない名前の花、モスリラが残され、乾いた風に、その身を揺らすばかりである……。
その他注意事項 ※トリプルキャスト
スタッフ 照明 鈴村 淳
音響 井出“PON”三知夫(La Sens)
舞台監督 上田 実
企画・製作 ナノスクエア

[情報提供] 2010/04/28 09:27 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/07/18 23:18 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大