演劇

ASC第34回公演“4人の俳優で四大悲劇を”シリーズ決定版

愛に潜む緑の危険

オセロー

デザイン:阿部祥子

0 お気に入りチラシにする

演劇

ASC第34回公演“4人の俳優で四大悲劇を”シリーズ決定版

オセロー

愛に潜む緑の危険

アカデミック・シェイクスピア・カンパニー (ASC)

銀座みゆき館劇場(東京都)

2007/05/31 (木) ~ 2007/06/05 (火) 公演終了

上演時間:

「愛し方の迷路」「自信と劣等感」」「意識としての悪意と、無意識の悪意」「信じることの破滅」「不器用さの持つ残酷性」これが今回の演出にあたり、はじき出したキーワード。
「オセロー」にはオセローとデズデモーナ、イアーゴーとエミリアという、2組の夫婦が登場する。
男達2人は、それぞれの妻を心から...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/05/31 (木) ~ 2007/06/05 (火)
劇場 銀座みゆき館劇場
出演 菊地一浩、彩乃木崇之、那智ゆかり、鈴木麻矢
脚本 W.シェイクスピア
演出 彩乃木崇之
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 3,800円
【発売日】2007/04/03
全席指定
サイト

http://homepage2.nifty.com/asc_web/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「愛し方の迷路」「自信と劣等感」」「意識としての悪意と、無意識の悪意」「信じることの破滅」「不器用さの持つ残酷性」これが今回の演出にあたり、はじき出したキーワード。
「オセロー」にはオセローとデズデモーナ、イアーゴーとエミリアという、2組の夫婦が登場する。
男達2人は、それぞれの妻を心から愛している、そして女達も、きちんとその愛情を感受している。
にもかかわらず、そこに悲劇が起きる。「男と女が持つ、愛の危険」。

“4人の俳優で四大悲劇を”シリーズとは?!
2002年秋の第25回公演「オセロー」から始まったシリーズ。
その名の通り、4人の俳優だけであの四大悲劇「ハムレット」「マクベス」「オセロー」「リア王」をまるまる全部(ダイジェストではなく)上演するという企画。登場人物をむやみに少なくすることなく、すべて俳優の力量でもって瞬時にキャラクターのチェンジを行い、登場人物の内面とその繊細な心の動きをクローズアップさせます。
2003年秋「ハムレット」、2004年秋「リア王」と続き、2005年秋の「マクベス」でシリーズ完結。今回の「オセロー」は、新演出による決定版。
その他注意事項 この度は、「“4人の俳優で四大悲劇を”チーム」と「新人公演チーム」を同時上演します。タイムテーブルは以下の通り。
5/31(木)19:00~ “4人の俳優で四大悲劇を”チーム
6/1(金)19:00~ 新人公演チーム
6/2(土)14:00~ “4人の俳優で四大悲劇を”チーム
6/2(土)19:00~ 新人公演チーム
6/3(日)14:00~ “4人の俳優で四大悲劇を”チーム
6/3(日)19:00~ 新人公演チーム
6/4(月)14:00~ “4人の俳優で四大悲劇を”チーム
6/4(月)19:00~ 新人公演チーム
6/5(火)14:00&19:00~ 新人公演チーム
スタッフ 訳:小田島雄志
演出補:菊地一浩
照明:阿部康子
衣裳:菊地一浩
フライヤーデザイン:阿部祥子
データ管理:赤木一枝
オフィシャルプロデューサー:西田皖佑
ゼネラルマネージャー:簡 憲幸
制作:石塚智美 ASC

[情報提供] 2007/03/31 02:31 by ASC

[最終更新] 2007/04/02 09:11 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大