演劇

SENTIVAL!2010 参加作品

【出典】今昔物語.巻31 「尾張の守某、鳥辺野へ人を出す」より

『鳥辺野綺譚 ~老いの孤独~』

デザイン:おかだまどか

0 お気に入りチラシにする

演劇

SENTIVAL!2010 参加作品

『鳥辺野綺譚 ~老いの孤独~』

【出典】今昔物語.巻31 「尾張の守某、鳥辺野へ人を出す」より

花傳 KADEN Theater Company

atelier SENTIO(東京都)

2010/05/27 (木) ~ 2010/05/30 (日) 公演終了

上演時間:

芸術家は、芸術家という「人」である。
世の価値観の外に在り、人でありながら人あらざらぬ者故、芸術家と呼ばれる。

ある女は和歌を詠む。

女にとって、和歌を詠みつづける事にこそ、人生の価値がある。

歌を詠む筆は止まらない。
歌を求める心が、加速する。
加速は、いつしか周囲を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/27 (木) ~ 2010/05/30 (日)
劇場 atelier SENTIO
出演 大寺亜矢子、とみたことえ、山森博絵、阿部崇子、茅島直、八木光太郎、岡田祐輝
脚本 岡田圓
演出 岡田圓
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2010/04/01
前売 2,500円
当日 2,800円
サイト

http://sentival.blog43.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 芸術家は、芸術家という「人」である。
世の価値観の外に在り、人でありながら人あらざらぬ者故、芸術家と呼ばれる。

ある女は和歌を詠む。

女にとって、和歌を詠みつづける事にこそ、人生の価値がある。

歌を詠む筆は止まらない。
歌を求める心が、加速する。
加速は、いつしか周囲を置き去りにした。今はもう、辺りには屍だけが、女の周りを取り囲んでいた。

女の人生は絵物語。
二次元の仮想世界に綴られた、短い、絵物語。

花伝[KADEN]シアターカンパニーの新作公演

『鳥辺野綺譚 ~老いの孤独~』
【出典】今昔物語.巻31
「尾張の守某、鳥辺野へ人を出す」より

絵巻物という平面世界から浮かび上がる一人の芸術家の人間模様を、
atelier SENTIOという劇場空間に広げます。
ご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/04/19 13:43 by 花傳[KADEN]

[最終更新] 2010/05/28 01:40 by 花傳[KADEN]

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

takako

takako(0)

出演しています

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大