演劇

松竹新派特別公演

香華

松竹

三越劇場(東京都)

2010/08/05 (木) ~ 2010/08/22 (日) 公演終了

上演時間:

女として奔放に生きた母と
その陰でけなげに生きた娘
半世紀にわたる母娘の愛憎を描いた傑作舞台。

解説

8月の三越劇場公演は、創始120年有余の歴史を踏まえ、次々と話題作を放つ新派が登場致します。

今回は文壇の女流作家の中でも特に人気の高い有吉佐和子の名作「香華」を取り上げ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/08/05 (木) ~ 2010/08/22 (日)
劇場 三越劇場
出演 水谷八重子、波乃久里子、佐藤B作、松村雄基、甲斐京子、青柳喜伊子、伊藤みどり、永久保一男、立松昭二、森本健介、村岡ミヨ、矢野淳子、鴫原桂、只野操
脚本 大藪郁子
演出 石井ふく子
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 8,000円
【発売日】2010/06/30
全席指定:8,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/others/100805/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 女として奔放に生きた母と
その陰でけなげに生きた娘
半世紀にわたる母娘の愛憎を描いた傑作舞台。

解説

8月の三越劇場公演は、創始120年有余の歴史を踏まえ、次々と話題作を放つ新派が登場致します。

今回は文壇の女流作家の中でも特に人気の高い有吉佐和子の名作「香華」を取り上げることと致しました。

男性遍歴を繰り返し母性を持たない母・郁代と、女の幸福を夢見ながらも母の為にそれが叶えられない娘・朋子、愛憎の絆に縛られた母娘の数奇な人生をむしろ喜劇的な視点で描いた情感豊かなお芝居です。

母・郁代に水谷八重子、娘・朋子に波乃久里子と新派を代表する二大女優が主演、二人を彩る八郎役に佐藤B作、江藤役に松村雄基、梅子役に甲斐京子が扮する充実の舞台です。

松竹が贈る良質の娯楽作品、「香華」にご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ 原作:有吉佐和子

[情報提供] 2010/04/14 14:25 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/08/17 16:26 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大