劇団銅鑼

成増アクトホール(東京都)

2010/06/17 (木) ~ 2010/06/17 (木) 公演終了

上演時間:

「ハンナのかばん」は本当にあったお話しです。日本に送られてきたかばんを手にした石岡史子さんは、かばんの持ち主・ハンナがどんな女の子だったかを探して旅をします。そして、ハンナは13歳でアウシュビッツのガス室で殺されていたこと、お兄さんが虐殺を生き延びてカナダに住んでいたことがわかしました。お兄さ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/17 (木) ~ 2010/06/17 (木)
劇場 成増アクトホール
出演 栗木純、谷田川さほ、佐藤文雄、佐藤陽亮、庄崎真知子
脚本 いずみ凜
演出 モニ・ヨセフ
料金(1枚あたり) 3,500円 ~
【発売日】2010/04/12
3名様以上でお申し込み場合、1名様2,500円。
当日18時30分より座席指定切り替え。
当日各300円増し。
サイト

http://www.gekidandora.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「ハンナのかばん」は本当にあったお話しです。日本に送られてきたかばんを手にした石岡史子さんは、かばんの持ち主・ハンナがどんな女の子だったかを探して旅をします。そして、ハンナは13歳でアウシュビッツのガス室で殺されていたこと、お兄さんが虐殺を生き延びてカナダに住んでいたことがわかしました。お兄さんのジョージさんが語ったハンナの元気な姿。
・・・ ハンナはどんな女の子だったのでしょう。




2009年2~3月、首都圏各地で初演、会場によって演出を変えセンセーショナルを巻き起こした作品。
今回の公演では、板橋公演上演実行委員会を結成、実行委員有志・地元中学生が出演する”参加型バージョン”での公演。
その他注意事項 未就学児のご入場・お車でのご来場はご遠慮下さい。
スタッフ 【美術】パンチョ・クラウディオ・エーデルベルク 【音楽】オーリ・ヴィディスラフスキィ 【照明】横田元一郎 【映像】星野有樹 【翻訳・演出助手】大谷賢治郎 【監修】石岡史子 【制作】田辺素子

[情報提供] 2010/04/14 12:41 by 劇団銅鑼

[最終更新] 2010/04/14 12:52 by 劇団銅鑼

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大